@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

六朝【リクチョウ】

デジタル大辞泉

りく‐ちょう〔‐テウ〕【六朝】
中国で、後漢滅亡後、統一まで建業(現在の南京)に都した東晋斉(せい)梁(りょう)の6王朝
六朝時代に行われた書風。六朝体。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく‐ちょう〔‐テウ〕【六朝】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくちょう【六朝 Liù cháo】
中国で,3世紀から6世紀にかけて,建業ないしは建康,今日の南京を都として江南に興亡をくりかえした六つの王朝,すなわち三国,東,および南朝の総称,またその時代。つまり魏晋南北朝時代あるいは三国両晋南北朝とよばれる時代と一致するが,たとえば〈六朝の書,唐の詩,宋の絵〉というように,概して文化史の時期区分として用いられることが多い。三国時代【吉川 忠夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りく‐ちょう ‥テウ【六朝】
[1] 中国で、後漢の滅亡から隋の統一まで、揚子江流域におこり建康(=建業・南京)に都した六つの王朝(二二二‐五八九年)の総称。三国の呉、南渡後の晉(東晉)と南北朝の南朝四王朝(宋・斉・梁・陳)をさす。〔運歩色葉(1548)〕 〔殷堯藩‐金陵上李公垂侍郎詩〕
[2] 六朝時代に行なわれた書風。もと南朝の王羲之、王献之の書道をさしたが、のち、清朝のころ北朝の近代的書道が興隆しだすとこれをも六朝とよぶようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく‐ちょう ‥テウ【六朝】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

六朝
りくちょう
魏晋 (ぎしん) 南北朝時代に建康(現在の南京)に都した6つの王朝
呉・東晋・宋・斉・梁 (りよう) ・陳 (ちん) の6つの王朝は,北朝と異なる豊かな文化を生み出したので,この時代を文化史上,六朝時代と呼ぶ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation