@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

六義【りくぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六義
りくぎ
詩経大序にみえる中国古代の6分類「」「」「」「」「」「」をいう。『古今集真名序では,これを移して「和歌に六義あり」としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六義
りくぎ
狂言の台本和泉流だけがこの称を用いる。「狂言六義」ともいう。宗家和泉元秀蔵のものは「六議」のをあてている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りく‐ぎ【六義】
詩経」における詩の六種の分類。内容上の分類にあたる頌(しょう)と、表現上の分類にあたる賦(ふ)興(きょう)
和歌の六種の風体。紀貫之(きのつらゆき)1を転用して古今集仮名序で述べた、そえ歌かぞえ歌なずらえ歌たとえ歌ただごと歌いわい歌
書道の六種の法。筆法・風情(ふぜい)・字象・去病(きょへい)・骨目(こつもく)・感徳。
六書(りくしょ)1
物事の道理。
「物の筋道―をたて」〈浄・生玉心中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく‐ぎ【六義】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくぎ【六義 liù yì】
中国最古の詩集詩経》における詩の六つの原理,あるいは分類法。毛詩の序(《詩経》の大序)に風・賦・比・興(きよう)・雅・頌(しよう)のにならべて見えるが,実は二つの異なった基準による2種の分類法だとされる。その定義については諸説があるが,ふつう風・雅・頌は詩の内容・性質による分類をいい,風は各国の民謡,雅は宮廷の音楽,頌は宗廟祭祀の楽歌をさす。なお雅はさらに大雅小雅に分かれる。また賦・比・興は修辞法の区別であり,賦は対象を直叙する方法,比は比喩によって表現する方法,興も比喩を用いるが,必ずあとに比喩された実体を示す表現法をいい,《詩経》の詩はすべてこの3修辞法のいずれかを用いているとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろくぎ【六義】
りくぎ六義

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六義
りくぎ
中国最古の詩集『詩経(しきょう)』の詩の分類法で、内容別の分類である風(ふう)・雅(が)・頌(しょう)と、形式上の分類である賦(ふ)・比(ひ)・興(きょう)の六つをいう。初出は『詩経』大序と『周礼(しゅらい)』春官であるが、それぞれの意味するところについては古来問題が多い。通説によると、風は風土・風俗の意で、民間の歌謡のこと、雅は正の意で、中原(ちゅうげん)の王朝貴族の雅言(標準語)による歌声、頌は祖先の功徳の頌歌をいう。次に、賦は比喩(ひゆ)なしで事実を述べる文体、比は一般に比喩であるが、とくに諷喩(ふうゆ)(アレゴリー)のこと、興については定説がないが、自然の現象と人間の事象を並べる平行法により隠喩(いんゆ)を読み取らせる手法と考えられる。『詩経』がわが国に伝わると、六義は和歌の六種の表現形式に適用された。『古今集』の仮名序で、風・賦・比・興・雅・頌をそれぞれ、「そへ歌、かぞへ歌、なずらへ歌、たとへ歌、ただごと歌、いはひ歌」と言い換えている。そのほか、書道における六種の法(筆法、風情、字象、去病(きょへい)、骨目(こつもく)、感徳(かんとく))をさすこともある。[加納喜光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りく‐ぎ【六義】
〘名〙
① 「詩経」における六種の体。内容上の分類である風・雅・頌と、表現方法上の分類である賦・比・興の総称。また転じて、中国古代詩の諸形式。また、詩の真髄、詩において追求されるべき理想をいう。
※本朝文粋(1060頃)九・遠念賢士風詩序〈菅原文時〉「請分一句於古篇、写六義於新什」 〔詩経大序〕
② 和歌における六種の体。そえ歌・かぞえ歌・なずらえ歌・たとえ歌・ただごと歌・いわい歌の総称。「古今集」で①の「詩経」の六義を和歌に適用していったもの。連歌・俳諧・能楽にもいう。
※古今(905‐914)真名序「和歌有六義、一曰風、二曰賦、三曰比、四曰興、五曰雅、六曰頌」
③ 和歌。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一一・柿下人麿画讚〈藤原敦光〉「吉野山之春風、従仙駕而献寿、明石浦之秋霧、思扁舟而瀝詞。誠是六義之秀逸、万代之美談者歟」
※太平記(14C後)二「詩歌は朝廷の翫(もてあそ)ぶ処、弓馬は武家の嗜む道なれば、其慣(ならはし)未だ必しも、六義(リクギ)数寄の道に携らねども」
④ =りくしょ(六書)①〔晉書‐衛恒伝〕
⑤ 書道における六種の法。筆法・風情・字象・去病・骨目・感徳の総称。〔金玉積伝集(近世初か)〕
⑥ 狂言の和泉流で、狂言の台本のこと。
※天理本狂言・木実論(室町末‐近世初)「此狂言は昔より六義はなきなり」
⑦ さまざまの法式。また、道理。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)一「血気盛んにして、後前のりくぎ立たず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく‐ぎ【六義】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation