@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

六調子【ろくちょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六調子
ろくちょうし
日本の雅楽の音楽理論用語。「りくちょうし」ともいう。唐楽の6種の「調子」の総称。すなわち壱越 (いちこつ) 調平調 (ひょうぢょう) ,双調 (そうぢょう) ,黄鐘 (おうしき) 調,盤渉 (ばんしき) 調,太食 (たいしき) 調の6種。沙陀 (さだ) 調,道調,水調,乞食調などという調子も,旋法の違いなどから意識されていたらしいが,六調子のいずれかに吸収され,今日ではそれらを枝調子と称する。雅楽の「調子」は,本来,各楽器ごとの調法または旋律法であって,楽器ごとにさまざまな名称の調子名があり,同一名称でも楽器によって異なる内容の場合があったが,現在では,以上の六調子に統一整理された結果,洋楽の「調性」にほぼ一致する。各調子は音高の定まった音階音を有し,理論的には呂旋壱越調太食調,双調と律旋の平調,黄鐘調盤渉調に大別される。また旋律の面からは双調,壱越調,黄鐘調と平調,盤渉調,太食調の2つのグループに分けることもできる。唐楽のほとんどすべての曲はこれら6種の調子のいずれかに基づいている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろく‐ちょうし〔‐テウシ〕【六調子】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ろくちょうし【六調子】
熊本の米焼酎。酒名は、民謡球磨の六調子」にちなみ命名常圧蒸留で造った原酒貯蔵熟成させる。原料米麹。アルコール度数25%、35%。蔵元の「六調子酒造」は大正12年(1923)創業所在地は球磨郡錦町大字西。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

六調子
熊本県、六調子酒造株式会社が製造する米焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろくちょうし【六調子】
日本音楽の理論用語。現在の雅楽の唐楽で用いられている6種の調子をいう。唐楽六調子ともいい,〈りくちょうし〉と読む立場もある。6種とは,壱越(いちこつ)調(壱越が宮(きゆう)(五音(ごいん)の主音)。(りよ)),平調(ひようぢよう)(平調が宮。),双調(そうぢよう)(双調が宮。呂),黄鐘(おうしき)調(黄鐘が宮。律),盤渉(ばんしき)調(盤渉が宮。律),太食(たいしき)調(大食調とも。平調が宮。呂)で,打ち物のみで奏される乱序(らんじよ)を除いて,すべての唐楽曲は,六調子のいずれかに属する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りくちょうし【六調子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

六調子
ろくちょうし

雅楽の唐楽で用いられる6種類の調子。「りくちょうし」とも。各調子は音階の種類や主要音の音高によって、壱越調(いちこつちょう)、平調(ひょうぢょう)、太食調(たいしきちょう)、双調(そうぢょう)、黄鐘調(おうしきちょう)、盤渉調(ばんしきちょう)という名称がつけられており、このうち壱越調、双調、太食調の3調子は呂旋(りょせん)、また平調、黄鐘調、盤渉調の3調子は律旋(りっせん)に属する。太食調以外は、その音階の主要音の音名がそのまま調子の名称になっているが、太食調は平調(ホ音)を主要音とする呂旋である。古くは六つの調子以外に、それぞれの調子の「枝調子(えだぢょうし)」として沙陀調(さだちょう)、壱越性調(せいちょう)、性調、乞食調(こつじきちょう)、水調、道調などがあったが、これらは同じ主要音をもつ六調子のなかのいずれかの調子に組み入れられ、現在は沙陀調が音取(ねとり)として、また水調が箏(こと)と琵琶(びわ)の調弦として痕跡(こんせき)をとどめているにすぎない。一方、高麗楽(こまがく)では唐楽の調名を踏襲して、高麗壱越調、高麗平調、高麗双調の三つの調子が用いられており、これを「高麗三調子」とよんでいる。

[千葉潤之介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろく‐ちょうし ‥テウシ【六調子】
〘名〙 雅楽で壱越(いちこつ)調・平(ひょう)調・双調・黄鐘(おうしき)調・盤渉(ばんしき)調・太食(たいしき)調をいう。「りくちょうし」ともいう。
※龍鳴抄(1133)上「六てうしといふことあり。いはゆる大食調をくはへたる也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六調子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六調子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation