@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ム】

デジタル大辞泉

む【六】
ろく。むっつ。声を出して数をかぞえるときの語。「いつ、、なな、や」
ろく。むっつ。名詞の上に付けて用いる。「月」「尺(さか)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むう【六】
む(六)」の音変化。「いつ、なな

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく【六】[漢字項目]
ろく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう〔リウ〕【六】
唐音の6。むっつ。拳(けん)などでいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく【六】
数の名。5の次、7の前の数。むつ。むっつ。
6番目。第6。
[補説]金銭証書などで、間違いを防ぐため「」を用いることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく【六】[漢字項目]
[音]ロク(呉) リク(漢) [訓]む むつ むっつ むい
学習漢字]1年
〈ロク〉
数の名。むっつ。「六回・六尺六腑(ろっぷ)六法丈六蔵六四六時中
六番目。「六月第六感
〈リク〉むっつ。「六義六芸六書六朝六韜(りくとう)
〈む〉「六指(むさし)
〈むい〉「六日(むいか)
[難読]十六夜(いざよい)双六(すごろく)六十(むそ)六十(むそじ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

む【六】
ろく。名詞の上に付けて、複合語を作る。 -月
ろく。むっつ。数を数えるときに使う。 いつ、-、なな、や

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むう【六】
「む(六)」の長音化した語。数を数えるときだけに用いる。 いつ、-、なな

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく【六】
漢音
ろく(六)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう【六】
唐音
数の六。拳をうつ時などに使った。 ごう(五)、-、すむい(四)/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む【六】
〙 (「み(三)」の母音変化により倍数を表わしたものか)
① むっつ。名詞・助数詞の上に付けて用いる。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「相撲出でて、いつ手む手ばかりとりて」
物の数を声に出して順に唱えながら数えるときの六(ろく)。実際に唱えるときには「いつむーなな」のように長く発音することもある。むう。
※名語記(1275)四「ひふとて、手に石ふたつをもちてかはりがはりたまにとるに、ひふみよいむなやこと、といへるは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むう【六】
〘名〙 (「む(六)」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの六(ろく)
※洒落本・青楼夜世界闇名月(1789‐1801)局廛宵多話「ひいふうみいよういつむうななやァこのとう十一、トかぞへる内に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むゆ【六】
〘名〙 (「む(六)」の古形か)
① 六つ。中古・中世にわずかな例が見られる。
書紀(720)雄略九年五月(図書寮本訓)「韓奴(からやつこ)(むろ)、兄(え)麻呂、弟麻呂、御倉(みくら)小倉(をくら)、針六口(ムユ)を以て」
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの六。むう。む。
年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(み)(よ)(いつ)むゆ七(なな)(や)(ここの)(たりや)
[補注](1)①の挙例「書紀」の「六口」は六人の意。沖縄の宮古方言では人数六人のことを「むゆのひと」というから、「六口」の訓の「むゆ」も「むゆのひと」という訓の一部だけを示したものか。
(2)②のように口で数を唱えるときも古くは「むゆ」であり、日数六日も古くは「むゆか」であったから、「むゆ」は「む」から変化したのではなく、その逆の可能性がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう【六】
〘名〙 (「六」の唐宋音から) 数の六(ろく)。清楽(しんがく)の音符または拳(けん)などで用いる。むつ。
浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「拳の手品の手もたゆく〈略〉はま、さんきう、ごう、りう、すむゐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろんじ【六】
〘名〙 六や六〇・六〇〇などをいう、駕籠舁(かごかき)・馬方仲間などの符丁。
雑俳・うき世笠(1703)「きりきりと・ろんぢを分るかごの者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation