@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共同所有【きょうどうしょゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共同所有
きょうどうしょゆう
condominium
近代英米財産法上,集合住宅における1居住単位の個別的所有権をいう。この場合,当該建物の,他の居住単位所有権者と共用している土地および建の他の構造部分の所有権は不可分である。協同的所有権 co-operative ownershipの一形態としての共同所有は,ヨーロッパでは中世末以来さまざまな形で存在していた。アメリカにおいて共同所有が現れたのは 19世紀後半で,個人が独立して家屋を所有することが実際的に困難な都市の密集地域で広く行われていた。 (→建物の区分所有等に関する法律 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうどうしょゆう【共同所有】
数人または多数人が共同で同一物を所有することで,共有合有総有の三つがある。共有は,一般に,偶発的・暫定的な共同所有であることから,団体制約が最も少なく,各人は所有権を数量的に分有し,自由にその持分権処分ができ,原則としていつでも目的物の分割請求ができる。これに対し,総有は,入会地の地盤が村落団体に属する場合のように継続的・恒久的な共同所有であることから,団体的制約が最も強く,各人は,その属する団体が定める規約・慣習に従って目的物の使用収益ができるだけで,管理処分はすべて団体の権能とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうどうしょゆう【共同所有】
複数の人または団体が一つの物を共同で所有すること。共有・合有・総有の三形態がある。「共有」の語が「共同所有」の意味で用いられることもある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

共同所有
きょうどうしょゆう
複数の者が同一物を共同で所有することで、共有、合有、総有の三つの形態がある。共有は個人的色彩が強く、単独所有にもっとも近い形態、総有はもっとも団体的色彩が強く入会(いりあい)地の所有関係などにみられ、合有は共有と総有の中間的な形態である。[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同所有」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共同所有の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation