@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共同行為【きょうどうこうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共同行為
きょうどうこうい
事業者が他の事業者と共同して事業活動を相互に拘束し,または共同して事業活動を遂行する行為であって,競争制限に連なるものに関しては独占禁止法によって禁止される。共同行為は一般的共同行為として,性格づけられるものは同業者間における共通の目的のための行為であるのが一般であるとされ,典型的な一例として,対価の決定,維持,引上げ,数量,技術,製品,設備,取引の相手方の制限などがあげられることになる (独占禁止法2条6項,3) 。かかる共同行為は競争を制限することに適して,一定の支配的な力を形成するという性格をもつものであり,公正な競争秩序を基本とする現在の経済体制のもとでは最も安全,かつ有効な競争制限のための行為として厳格に禁止される。この共同行為については特定の場合,法律によってその容認が認められる場合があり,独占禁止法上は協同組合の行為 (24条) ,不況カルテル (24条の3) ,合理化カルテル (24条の4) が認められているにとどまるが,多くの適用除外法も制定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同行為」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共同行為の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation