@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共和【キョウワ】

デジタル大辞泉

きょう‐わ【共和】
[名](スル)二人以上の人が共同し和合して事に当たること。
「君民―して」〈金子堅太郎訳・政治論略〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

共和
正式社名「株式会社共和」。英文社名「KYOWA LIMITED」。ゴム製品製造業。大正12年(1923)前身の「共和護謨合資会社」設立。昭和6年(1931)「共和護謨工業株式会社」設立。同48年(1973)現在の社名に変更。本社は大阪市西成区橘。包装資材メーカー。輪ゴム「オーバンド」や粘着テープパイロン」を製造。医療・スポーツ用テープも手がける。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうわ【共和 Gòng hé】
中国の最初の紀年。《史記》本紀によれば西周の後期,周の厲(れい)王が山川の利を王室専有とし,また言論弾圧を加えたりしたことから人々の不満がつのり,蜂起した国人(こくじん)(貴族の一部と都市市民)によって王は国都の宗周を追われた。その後の空位の14年間に,宰相召公と周公とが共同して政治にあたった。この時期を共和という。共和元年は前841年にあたる。ただ《古本竹書紀年》などは,〈共〉国の伯爵の〈和〉という人物が,諸侯たちの奉戴を受け天子のつとめを代行したのだという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

共和
きょうわ / コンホー

中国、青海(せいかい)省東部の県。県政府はチャブチャ鎮にあり、海南(かいなん)チベット族自治州の政府所在地でもある。常住人口12万2966(2010)。青蔵自動車道(西寧(せいねい)―ラサ)、青康自動車道(西寧―康定(こうてい))が通る。青海湖の南、日月山(じつげつさん)西方の牧畜区の中心で、食肉加工、皮革、羊毛加工工場などがあり、畜産品の製造、交易が盛んである。水力発電、風力発電が県の重要な産業となっている。

[駒井正一・編集部 2017年4月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐わ【共和】
〘名〙
① (━する) 二人以上の者が共同して仲よく事業や政務などを行なうこと。
※彼日氏教授論(1876)〈ファン=カステール訳〉「且つ其共和同遊する群児の快楽を」 〔史記‐斉太公世家〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「政府の体裁は立君にても共和にても其名を問はずして其実を取る可し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共和の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation