@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共有結合半径【きょうゆうけつごうはんけい】

世界大百科事典 第2版

きょうゆうけつごうはんけい【共有結合半径】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

共有結合半径
キョウユウケツゴウハンケイ
covalent bond radius

共有結合を形成する原子間距離が,各原子に付与される固有な原子半径の和で表されるとしたときの原子半径をいう.厳密には,共有結合は同種原子間に形成されるから,共有結合距離の半分として定義される.L.C. Pauling(ポーリング)により与えられた四面体共有結合半径や八面体共有結合半径は,現在,広く利用されているが,実測値を調整し,一部推定値も加えて整理されたものである.結合がほぼ共有結合とみなされる原子間距離については,共有結合半径の和から得られる値と実測値とは,きわめてよく一致する.このことから,逆に,一致しないときはその結合の性質を議論することができる.二重結合や三重結合についても同じように,それぞれの結合半径が与えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共有結合半径」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共有結合半径の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation