@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共有結合結晶【きょうゆうけつごうけっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共有結合結晶
きょうゆうけつごうけっしょう
covalent bond crystal
原子が互いにそのもっている電子を出し合い共有することによって凝集している結晶。この結合共有結合という。周期表の 14族に属する元素である炭素,ケイ素,ゲルマニウムなどのつくる結晶が代表であり,ダイヤモンド型構造と呼ばれる結晶構造をもつ。この種の結晶には,ダイヤモンドのように結晶が硬く,融点沸点がきわめて高く,導電率の低いものもあるが,ケイ素やゲルマニウムなどのように顕著な半導体としての性質を示すものもある。炭化ケイ素 SiCのように種類の異なる原子の化合物も共有結合結晶である。 13族元素と 15族元素の結晶であるヒ化ガリウム GaAs,インジウム・アンチモン InSbなどの結合は共有結合性とイオン結合性をあわせもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうゆうけつごう‐けっしょう〔キヨウイウケツガフケツシヤウ〕【共有結合結晶】
原子間の共有結合によって形成される結晶。極めて硬く、融点が高く、化学的に安定な性質をもつ。ダイヤモンド炭化珪素が知られる。共有結晶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

共有結合結晶
キョウユウケツゴウケッショウ
covalent crystal

結晶内の原子がすべて共有結合により隣りどうし結びつけられている結晶.代表的な例は,ダイヤモンド,立方晶系のBN,SiCなどで,硬度が大きく,融点も高いのが特徴である.共有結合はイオン結合や金属結合と異なり,結合に方向性があるため,結晶学的な配位数が小さく,構造があまり密ではない.完全な共有結合結晶はほとんどなく,イオン結合性と共有結合性のまじった場合が多い.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共有結合結晶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共有結合結晶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation