@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共沸蒸留【きょうふつじょうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共沸蒸留
きょうふつじょうりゅう
azeotropic distillation
共沸混合物の成分を完全に分離する蒸留法。共沸混合物をつくるような成分の混合物は普通の蒸留では純粋な成分に分離できないので,これらの成分と別の共沸混合物をつくるような溶媒を加え,新しい共沸点がもとの共沸点よりも十分に低くなるようにして蒸留し,蒸留残留物が純粋な成分となるようにする。たとえば水を含むエチルアルコールは共沸混合物をつくり,単なる精留では共沸混合物に相当するエチルアルコール (約 95%) しか得られない。しかしこれにベンゼンかトリクロロエチレンを加えて蒸留し,より低沸点の3成分共沸混合物として水分を除くことで,純エチルアルコールを得ることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうふつじょうりゅう【共沸蒸留 azeotropic distillation】
エチルアルコール(沸点78.32℃)は水(沸点100℃)と最低共沸混合物(共沸点78.17℃,エチルアルコール96重量%)をつくる。共沸混合物では液とそれに平衡蒸気とが同じ組成であるので,普通の蒸留ではエチルアルコールをこれ以上の濃度にすることはできない。しかし,蒸留塔の塔頂からベンゼン(沸点80.099℃)を供給すると,ベンゼンと水とが共沸点69.25℃の共沸混合物をつくり,塔頂へと水を持ち上げてくれるようになり,塔底からは純粋のエチルアルコール,すなわち無水アルコールが得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

共沸蒸留
きょうふつじょうりゅう
azeotropic distillation

通常の蒸留では分離が困難か不可能な液体混合物を分離するために、第三成分(共沸剤entrainer)を加え、不均一の共沸混合物を生成させて行う蒸留をいう。共沸剤としては、液体混合物中の成分と沸点の低い共沸混合物をつくるものが選ばれ、生成した共沸混合物は塔頂より留出し、共沸剤は適当な方法で分離回収され循環使用される。古くはアルコールの脱水に共沸剤としてベンゼンを用いた例や、酢酸―水系の分離に共沸剤として酢酸ブチルを用いる例がある。なお、抽出蒸留の際に加える第三成分は溶剤といい、沸点の高いものが選ばれ、塔底から取り出される点が共沸剤と対照的である。

[早川豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

共沸蒸留
キョウフツジョウリュウ
azeotropic distillation

共沸混合物をつくる系を取り扱う蒸留は,すべて共沸蒸留であるが,一般には,分離不能または分離困難な2成分を,これらのうちの一つの成分と共沸混合物をつくる共沸剤(エントレーナー)を添加することにより,分離を行う蒸留のこと.たとえば,エタノールと水とは,エタノール96% で共沸混合物をつくるので,通常の蒸留ではそれ以上の濃いエタノールは得られない.しかし,水-ベンゼン(沸点80 ℃)系では,水9%,ベンゼン91% の組成で共沸混合物をつくるので,エタノールと水との混合物に適量のベンゼンを添加して蒸留すると,上記の水-ベンゼン共沸混合物(沸点69 ℃)とエタノール(沸点78 ℃)との混合物を蒸留することになり,精留塔の塔頂から水とベンゼンを,塔底から純粋なエタノールを取り出すことが可能になる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共沸蒸留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共沸蒸留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation