@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共済事業

保険基礎用語集

共済事業
共済とは、特定の職場で働く人や特定の地域に居住している人が加入する協同組合等が、組合員福利厚生、あるいは経済的地位の安定向上のために実施する相互扶助制度を指します。死亡傷害疾病火災、交通事故などの際に一定給付が行われます。共済事業を実施する協同組合としては、農業協同組合法に基づく全国共済農業協同組合連合会けA全共連)、消済生活協同組合法に基づく全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)等の組織が大きい。このほかにも、農業災害補償法、中小企業等協同組合法や地方自治法により行う共済事業などがあります。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうさい‐じぎょう〔‐ジゲフ〕【共済事業】
相互扶助のため、組合員が一定額の掛金を積み立て、傷害・病気・死亡・火災・交通事故などが発生した際に、共済金を給付する事業。→共済

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうさいじぎょう【共済事業】
同一の組織に属する者あるいは同一の職業または事業に従事する者が,共済組合,協同組合などの組合を組織し,一定の技術的基盤に立ち,特定あるいは不特定の期間中,経済的な危険や不測の事故に対する相互の救済を目的として行う事業をいう。いろいろな組合により各種の共済が行われており,加入者の自動車事故,傷害,死亡,疾病,火災などに対して給付を行う。共済は,多数の組合員の掛金を原資にして,個々の組合員の損害に関し給付を行う点で保険の原理に立脚した制度であるが,一般に,(1)原則として加入資格者は組合員に限られる,(2)給付金につき金額の制限などが設けられており,見舞金の性格が強い,(3)事業規模が小さく,合理的な掛金を算定しにくい,などの点で保険事業と異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

共済事業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共済事業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation