@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共重合【きょうじゅうごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共重合
きょうじゅうごう
copolymerization
2種以上の単量体重合して重合体を生成する反応を共合といい,このようにして得られた重合体を共重合体という。単量体の割合を変えることによって,共重合体は単独成分の重合体とは異なった性質を示すようになるので,重合体の改質に利用される。また,2種の単量体の反応性を比較するのに都合がよいので,重合反応の研究手段として共重合は広く用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐じゅうごう〔‐ヂユウガフ〕【共重合】
2種以上の単量体を混合して重合させる化学反応単独重合体の性質を改善するのに役立つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

共重合
 2種類以上の単量体がランダムに重合する反応.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうじゅうごう【共重合 copolymerization】
分子化合物を合成するには,その構成単位に相当する低分子化合物の原料(単量体,モノマー)を多数結合させて巨大な分子とするのが一般で,このような反応を重合反応という。この重合反応において,2種類以上のモノマーを同時に重合させることを共重合といい,その生成物を共重合体(コポリマーcopolymer)という。共重合によって生成する高分子の中には,原料のモノマーに由来する構造単位が存在する。したがって共重合体の性質は,それぞれの単一モノマーだけからの高分子(単独重合体,ホモポリマーhomopolymer)とも,またそれらの混合物とも異なっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうじゅうごう【共重合】
二種以上の単量体を混合して重合させる反応。できた高分子化合物を共重合体(コポリマー)という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

共重合
きょうじゅうごう
copolymerrization
2種類以上の単量体を同時に重合させることをいい、その結果、構成している単量体の単位が、ある割合で含まれて生成した重合体を共重合体(コポリマー)という。
 共重合反応は、反応性の異なる2種類の単量体MとNとの競争重合反応であり、共重合物の組成や単量体単位の配列順序もまた反応中に決まってくる。
 で(1)のような共重合体はMの反応性がNより大きい場合であり、(2)はその逆である。(3)は特別な場合に生成する交互共重合体である。(4)はブロック共重合体、(5)はグラフト共重合体とよび、この二つは先に一つの種類の単量体から線状重合体をつくり、それに接ぎ木していく方法でつくられている。
 共重合反応は重合物の物性改質によく利用されている。たとえば室内吹付け塗料として用いられる酢酸ビニルとメチルメタクリレートの共重合物は、ポリ酢酸ビニル単独の塗料より機械的性質が改善され、光沢や耐水性も向上している。[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐じゅうごう ‥ヂュウガフ【共重合】
〘名〙 化学反応の一形式。二種以上の分子が重合して分子の大きい化合物を生ずる反応。イオン共重合と遊離基共重合に大別される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

共重合
キョウジュウゴウ
copolymerization

2種類あるいはそれ以上の単量体を混合して行う重合.その結果生じる同一分子中に2種類あるいはそれ以上の単量体単位を含む重合体を共重合体という.反応の形式上,
(1)ラジカル共重合,
(2)アニオン共重合,
(3)カチオン共重合,
(4)多成分系触媒共重合,
にそれぞれ分類できる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共重合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共重合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation