@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共鳴エネルギー

栄養・生化学辞典

共鳴エネルギー
 ブタジエンベンゼンのような化合物では,仮定された二重結合の結合エネルギーより多くの結合エネルギーをもっていると考えると化学的な現象が説明できる.この安定化を表すエネルギー量.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうめいえねるぎー【共鳴エネルギー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

共鳴エネルギー
キョウメイエネルギー
resonance energy

共役二重結合を有する分子の極限構造間の共鳴によって安定化されるエネルギー.たとえば,ベンゼンの極限構造のうち,ケクレ構造の一つをC-C,C=C,C-Hの結合エネルギーの和として計算し,実際のベンゼン分子の実験によって求められるエネルギーと比較すれば,155 kJ mol-1 だけベンゼン分子のほうが安定になっている.この安定化のエネルギーは,二つのケクレ構造の間の共鳴によるものと考え,共鳴エネルギーという.原子価結合(VB)法によれば,ケクレ構造の全π電子状態を表す波動関数ΨaΨb,およびデュア構造に対する波動関数を用いて計算される最小のエネルギーを E 0 とすれば,これと Ψa または Ψb のエネルギーEとの差

REE 0
が共鳴エネルギーである.この量は分子の安定性を表し,芳香族性に関係がある.なお,共鳴エネルギーはπ電子の非局在にもとづく安定化のエネルギーでもあり,この立場から分子軌道(MO)法によっても計算できる.[別用語参照]非局在化エネルギー

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共鳴エネルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共鳴エネルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation