@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共鳴吸収【きょうめいきゅうしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共鳴吸収
きょうめいきゅうしゅう
resonance absorption
振動子系がその固有振動数に近い振動数をもつ外力を受けると,エネルギーを強く吸収する現象。また量子系では,原子などの物質系がとびとびのエネルギー準位をもっているとき,それら準位間の差に相当するエネルギーを外部から与えると,それを吸収して,その物質系がより高いエネルギー準位に移る現象をいう。吸収スペクトルは共鳴吸収の一例である。物質系に吸収されたエネルギーは,熱エネルギーに変ったり,薄い気体では再び光として放出されたりする。このとき放出される光を共鳴放射,そのスペクトル線共鳴線という。共鳴線というときは,物質系が直接基底状態に移るときのスペクトル線をさすことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうめいきゅうしゅう【共鳴吸収】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

共鳴吸収」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共鳴吸収の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation