@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

共鳴散乱【きょうめいさんらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共鳴散乱
きょうめいさんらん
resonance scattering
原子核に入射する粒子のエネルギーが,入射粒子と原子核との複合核励起状態のエネルギー準位のどれか1つに近いときに共鳴現象が起り,散乱の確率がその付近で鋭い極大をもつ。このような散乱を共鳴散乱という。共鳴を起すエネルギーの間隔は軽い原子核では数 MeVで,重い原子核ほど間隔が狭くなり,質量数 100程度では数 eVになる。同様に原子や分子による電子の散乱にも共鳴現象が現れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共鳴散乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共鳴散乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation