@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【キョウ】

デジタル大辞泉

きょう【共】[漢字項目]
[音]キョウ(漢) [訓]とも
学習漢字]4年
〈キョウ〉
いっしょに。ともに。「共演共学共感共存共著共通共闘共同共有共和公共
共産主義共産党のこと。「反共防共容共
〈とも(ども)〉「共共共寝身共諸共(もろとも)
[名のり]たか

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐち【共】
[接尾]《近世上方語》名詞に付いて、…とともに、…ごと、などの意を表す。
「台子(だいす)の湯もたぎってあろ。釜―そっと取ってこい」〈浄・手習鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも【共】
同じであること。同一。「コートとのドレス」「の生地」
一緒。また、同時。「起居をにした仲」

㋐名詞の上に付いて、一対のものが同類である、また、同じ性質であるという意を表す。「働き」「切れ」「蓋(ぶた)」
㋑名詞の下に付いて、それが一緒に込められている意を表す。「送料一〇〇〇円」「付録五〇〇円」
㋒複数を表す名詞に付いて、それが全部同じ状態であることを表す。「二人学生だった」「男女若かった」→共に

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ども【共】
[接尾]
一人称の代名詞、または自分の身内を表す名詞に付いて、謙譲の気持ちを表す。「私と致しましては」
人を表す名詞に付いて、複数であることを表す。「若い者が手伝いに来た」
人を表す名詞に付いて、相手への呼びかけに用いる。
「嫗―、いざたまへ」〈大和・一五六〉
達(たち)用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とも【共】
〘語素〙
① 一対のものが、同類である、または同じ状態である意を表わす。「とも裏」「とも働き」「とも白髪」など。
② 複数のものを表わす名詞に付いて、それが全部いっしょの状態であることを示す。「二人とも」「男女とも」など。
③ 従となるものを表わす名詞に付いて、それが、主となるものに込められていることを示す。こみ。「送料とも」「税金とも」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ども【共】
〘接尾〙
① 名詞・代名詞に付いて、そのものを含めて、同類の物事が数多くあることを示すが、必ずしも多数とは限らないで、同類のものの一、二をさしてもいう。人を表わす場合は「たち」に比べて敬意が低く、目下、または軽蔑すべき者たちの意を含めて用いる。現代では、複数の人を表わすのに用いられることが多い。
※古事記(712)中・歌謡「大和の 高佐士野(たかさじの)を 七(なな)行く 嬢子(をとめ)杼母(ドモ) 誰をし枕(ま)かむ」
※土左(935頃)承平四年一二月二八日「酒、よきものども持て来て、舟に入れたり」
② 自称の代名詞、または自分の身内の者を表わす名詞に付けて、単数・複数にかかわらず、謙遜した表現として用いる。「私ども」「親ども」など。
※虎寛本狂言・末広がり(室町末‐近世初)「是はいかな事、身共は不念な事を致た」
③ 人を表わす名詞に付いて、相手への呼びかけとする。目下の者に対する時で、単数の場合がある。「野郎ども」など。
※大和(947‐957頃)一五六「嫗ども、いざたまへ。寺に尊き業する、見たてまつらむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むた【共】
〘名〙 名詞または代名詞に、格助詞「の」「が」の付いた形に接続して、「…とともに」「…のままに」の意の副詞句を構成する。
※万葉(8C後)二・一三一「浪の共(むた) 彼寄り此(かく)寄る 玉藻なす 寄り寝し妹を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation