@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

兵士【ヘイシ】

デジタル大辞泉

へい‐し【兵士】
《古くは「へいじ」とも》
軍隊で、士官の指揮を受ける者。兵隊。兵卒。
律令制で、兵役に徴発された農民正丁(せいてい)のうち3分の1が徴発され、軍団に配属された。ひょうじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうじ【兵士】

[軍団兵士]
 古代の軍団制のもとに徴発された21~60歳の正丁男子の基本的呼称。7世紀後半から大宝律令の成立期にかけていわゆる律令軍制が整備され,正丁男子を対象とした徴兵制が施行された。現存する古代の戸籍のうち大宝2年(702)次の御野(美濃)国戸籍,筑前・豊前・豊後国戸籍では兵士を他の力役と区別し,兵役対象者を特別枠で確保したが,養老5年(721)次の下総国戸籍ではそうした区別は消滅し,力役の一形態として徴発されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

へいし【兵士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいし【兵士】
古くはへいじとも
軍隊で士官の指揮の下にある者。兵卒。兵隊。 出征- 古参の-
律令制で、兵役に徴発された農民。正丁せいていからとるのを原則とし、本貫地の近くの軍団に配属された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐じ ヒャウ‥【兵士】
〘名〙
① いくさびと。つわもの。へいし。
※令義解(718)軍防「凡兵士各為隊伍。〈謂。五十人為隊也。五人為伍也〉」
※曾我物語(南北朝頃)九「夜番のひゃうじは何の用ぞや」
② 寺院などで輸送や警固にあたること。また、その役の者。
※古今著聞集(1254)一二「用途をもたせてつかはしけり。小殿を兵士のためにそへてつかはしけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐し【兵士】
〘名〙 (古くは「へいじ」とも)
① 徴集されて戦争に出る者。軍隊で、士官指揮をうける者。いくさびと。つわもの。兵卒。ひょうじ。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔旧唐書‐職官志〕
② 令制で、兵役に徴発された農民。正丁のうち三分の一が徴発され、軍団に配属された。ひょうじ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation