@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

兵家【へいか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兵家
へいか
Bing-jia
中国の諸子百家の一つ。戦略,戦闘方法,兵器の使用,軍事上の禁忌などを研究した一派呉起といわれる『呉子』や,ぴん (そんぴん) かその流派の著といわれる『孫子』などがその代表的な兵法書である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へい‐か【兵家】
軍事に携わる人。武士。軍人。「勝敗は兵家の常」
兵法・兵学の専門家。兵法家。
中国、春秋戦国時代諸子百家の一。用兵・戦術戦略・戦争論などを論じた兵法家・軍学者一群で、孫武孫臏(そんぴん)呉起・尉繚(うつりょう)などが有名。「孫子」「呉子」「尉繚子」「六韜(りくとう)」などの兵書がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいか【兵家 Bīng jiā】
中国,古代に発達した,政戦両略の軍事思想をさす。著名な《孫子》《呉子》や近年出土の《孫臏(そんぴん)兵法》のほか,ひろく《荀子》儀兵,《管子》兵法,《墨子》兵技巧書,《淮南子(えなんじ)》兵略など諸篇の軍略・兵技論や軍礼の《司馬法》など,・漢期の儒墨・道法・縦横家の諸思想と重なり合う。兵家の名称で諸子百家に加えたのは,前漢の図書6分類(劉歆(りゆうきん)《七略》)に始まる(四部分類)。しかも九流から独立して〈兵書略〉として分けたのは,国家の軍備を重視した反映である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいか【兵家】
軍事に携わる人。
兵法家。
中国、春秋・戦国時代の諸子百家の一。用兵・軍略を説くとともに実戦にも活躍。また、その論ずるところは政治・経済・人生にも及んだ。孫武・孫臏そんぴん・呉起・尉繚うつりようらがこの派に属する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兵家
へいか
中国の春秋・戦国時代から漢代にかけて活躍した兵法家、軍学者の一群をいう。この時代はまさに弱肉強食の乱世であったので、富国強兵策を掲げて領土拡張に狂奔していた諸侯が、優れた兵家を求めたのは当然の成り行きであった。また戦略戦術を説いた兵書の出現も、時代の要請によるものであった。兵家としては、春秋時代における呉(ご)の孫武(そんぶ)、斉(せい)の大司馬穣苴(しばじょうしょ)、戦国時代における斉の孫(そんびん)、魏(ぎ)の呉起(ごき)(呉子)、漢(かん)初の張良(ちょうりょう)、韓信(かんしん)などがとくに有名である。兵書では、『孫子(そんし)』『呉子(ごし)』『司馬法』『尉繚子(うつりょうし)』『三略』『六韜(りくとう)』などがあげられる。宋(そう)代に至って、元豊(げんぽう)年間に、武官の軍事教育用のテキストとして、上記の六書に唐初の将軍李靖(りせい)の『李衛公問対(りえいこうもんたい)』を加えて『武経(ぶけい)七書』が編まれ、武人の経典と目されるようになった。これらのうち『六韜』『三略』『孫子』『司馬法』は早くから日本にも渡来し、平安前期の学者藤原佐世(すけよ)(?―898)の『日本国見在(げんざい)書目録』にその名を記録されている。[篠田雅雄]
『竹内照夫著『東洋思想3 兵家思想』(1967・東京大学出版会) ▽金谷治他著『中国古典文学大系4 老子・荘子・列子・孫子・呉子』(1974・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐か【兵家】
〘名〙
① 軍事に携わる人。また、兵法に明らかな人。武士。軍人。〔書言字考節用集(1717)〕 〔後漢書‐朱儁伝〕
② 中国、戦国時代の諸子百家の一つ。用兵の技術を含めて、その理論や、戦争そのものの本質を論ずる一派の称。孫武、孫臏、呉起、尉繚(うつりょう)等を代表とし、「孫子」「呉子」「尉繚子」等の書がある。〔漢書‐芸文志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

兵家
へいか
戦国時代の諸子百家のうち,兵法・戦略を専門とする学派
孫武とその子孫の孫臏 (そんびん) の著『孫子』(2種類ある),呉子の著『呉子』はその代表作

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation