@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

具志川【ぐしかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

具志川
ぐしかわ
沖縄県沖縄島中部東海岸にあるうるま市中部の旧市域。1968年市制。2005年石川市,勝連町,与那城町と合体し,うるま市となる。地名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。金武湾の南岸および一部は中城湾の北部奥に面し,内陸には石灰岩泥板岩(→頁岩)からなる台地丘陵地が広がる。天願川の豊富な水を利用して繊維,食品,製紙などの工場が立地するとともに市街地化が進んでいる。中城湾に面した平地では,サトウキビ,野菜などを栽培。畜産も盛んで,特に養豚は県下有数の規模を誇る。中心市街地は安慶名で,国指定史跡安慶名城跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

具志川
ぐしかわ
沖縄県,那覇市の西方約 100kmの海上に浮かぶ久米島西部を占める地域。旧村名で,具志川は近世以来の間切 (まぎり。行政区画) 名による。 2002年4月東部の仲里村と合併,久米島町となる。仲里とのは最高峰の宇江城 (うえぐすく) 岳 (310m) に続く山地で,山麓畑地水田がある。産業はサトウキビ,キク,タバコ,野菜などの栽培,畜産が中心。上江州 (うえず) 家住宅 (国指定重要文化財) ,具志川城跡 (国指定史跡) ,五枝の松,大原貝塚など名所旧跡が多い。久米島県立自然公園に属する。久米島空港があり,那覇空港と結ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐしかわ〔ぐしかは〕【具志川】
沖縄島東海岸にあった市。金武(きん)湾に米軍施設の天願(てんがん)桟橋がある。平成17年(2005)4月に石川市、与那城(よなしろ)町、勝連(かつれん)町と合併してうるま市となる。→うるま

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐしかわ ぐしかは【具志川】
沖縄県、沖縄島の中部にあった市。金武(きん)湾と中城(なかぐすく)湾に面する。第二次世界大戦後の一時期は前原市。昭和四三年(一九六八)市制。平成一七年(二〇〇五)石川市、与那城町、勝連町と合併してうるま市となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

具志川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

具志川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation