@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

典型元素【テンケイゲンソ】

デジタル大辞泉

てんけい‐げんそ【典型元素】
元素分類の一。周期表中、1(ⅠA)・2(ⅡA)と13(ⅢB)~17(ⅦB)元素のうちの、第2・第3周期の元素。広く、遷移元素および12(ⅡB)族元素を除く元素をいうこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんけいげんそ【典型元素 typical elements】
周期表上の諸元素のうち,遷移元素およびIIb族元素(亜鉛Zn,カドミウムCd,水銀Hg)を除いた元素,すなわち長周期型周期表の左端のIA・IIA族元素(最外部にs電子をもつs‐ブロック元素)と,右端のIIIBからVIIBまでの族の元素および0族元素(最外部にp電子をもつp‐ブロック元素)の総称。元素の周期表の諸原則,すなわち,(1)同族元素性質が互いによく似ている,(2)元素は表の左側・下側にいくほど強い金属性(陽性)を示し,右側・上側にいくほど強い非金属性(陰性)を示す,(3)元素の示す最大の正の酸化数Nはその族番号に等しく,また最小の負の酸化数は-(8-N)に等しくなる(アベックAbeggの規則)などがよくあてはまり,各元素の性質をその周期表上の位置と関連づけて系統的によく理解できるのでこの名がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんけいげんそ【典型元素】
周期表において、 1 、 2 族および 12 ~ 18 族に属する元素群。 12 族を入れない場合がある。各族の電子配置がきまった型をもち、とり得る酸化数は各族ごとに大体きまっていて、類似の性質をもつ。化合物は一般に無色が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

典型元素
てんけいげんそ
typical elements
希ガス元素を除いて長周期型の第2、第3周期でLi―F、Na―Clまでの各元素をいう。俗に遷移元素以外の元素を典型元素とよぶこともある。古くロシアのメンデレーエフが周期表第2周期の元素のリチウムベリリウム、ホウ素、炭素窒素、酸素、フッ素の7元素を、各族の代表的元素という意味でこのようによんだ。すなわち、周期表(短周期型)中のこれに続く各元素を第族から第族まで分類したわけである。しかし、これらのいずれの族にも属さない第族元素は、第族から次に回って第族を結ぶ過渡的な元素という意味で、遷移元素とよばれて区別された。その後、遷移元素の意味が拡張されて、第族のみではなく、周期表第A族~第A族に属する元素すべてをさすようになると、これに対応してそれ以外の元素をすべて典型元素とよぶようになった。さらに各元素の性格が明らかにされるとともに典型の意味が変わり、上記のように定義されることとなった。[中原勝儼]
『日本化学会編『実験化学講座24/有機合成6 ヘテロ元素・典型元素化合物』第4版(1992・丸善) ▽Ian S. Butler, John F. Harrod著、荻野博・下井守・飛田博実訳、荻野博監訳『無機化学』上巻(1992・丸善) ▽伊藤卓著『有機金属化学ノーツ』(1999・裳華房) ▽内田希・小松高行・幸塚広光・斎藤秀俊・伊熊泰郎・紅野安彦著『無機化学』(2000・朝倉書店) ▽小倉興太郎著、塩川二朗・松田治和・松田好晴・谷口宏監修『無機化学概論』第2版(2002・丸善) ▽Gary L. Miessler, Donald A. Tarr著、脇原将孝監訳『ミースラー・タール無機化学1 化学結合と反応』(2003・丸善) ▽W. Henderson著、三吉克彦訳『典型元素の化学』(2003・化学同人) ▽荻野博編著、岡崎廉治・茅幸二・桜井英樹・志田忠正・野依良治編『岩波講座 現代化学への入門11 典型元素の化合物』(2004・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんけい‐げんそ【典型元素】
〘名〙 周期表上の元素の分類名の一つ。はじめは各族での典型的な元素の意味で、周期表第二周期に属する Li (リチウム)・ Be (ベリリウム)・ B (硼素)・ C (炭素)・ N (窒素)・ O (酸素)・ F (弗素)の七元素をいったが、これらは必ずしも各族を代表するものではないので、現在では遷移元素以外の元素をいう。典型金属元素と非金属元素が含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

典型元素
テンケイゲンソ
main group elements, typical elements

歴史的には,周期表2周期のLiからFに至る7元素をいうが(D.I. Mendeleev(メンデレーエフ)),今日では,内殻が希ガス型電子配置で,最外殻電子配置がns1からns2np5で示される周期表1,2,13~18族元素をいう.ただし,英語のtypical elementsは1,2,13~17族の最初の2元素をさす.遷移元素に対して用いる.遷移元素はすべて金属であるが,典型元素は短周期型周期表で左下に金属製の強いもの,右上に非金属性の強いものがある.典型元素の原子価は,希ガス型電子配置ns2np6との差から考えることができる.典型元素の一般的性質は,同一周期で右にいくほどイオン化エネルギーは増大,原子半径は減少し,同一族で下にいくほどイオン化エネルギーは減少,原子半径は増大するというように規則的に変化する.遷移元素ではこのような規則性は明らかではなく,逆の傾向を示すこともある.典型元素の金属は,一般に軟らかく融点も低い.これらの性質は典型元素の電子配置が最外殻以外では完成していることに起因する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

典型元素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

典型元素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation