@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

典型契約【てんけいけいやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

典型契約
てんけいけいやく
有名契約ともいう。民法その他の法律で規定されている契約を意味する。民法の規定する契約は,贈与売買交換消費貸借使用貸借賃貸借,雇請負委任寄託組合終身定期金和解の 13種である (549~696条) 。これに対して,法律上特に規定されていない契約を非典型契約 (無名契約) という。そのうち,典型契約類似の要素を含んだものは混合契約といわれる。契約自由の原則からみて,非典型契約も有効である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんけい‐けいやく【典型契約】
法律にその名称・内容が規定されている契約。民法では贈与・売買・賃貸借・請負など13種類があり、ほかに特別法で規定されるものもある。有名契約。→無名契約

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんけいけいやく【典型契約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんけいけいやく【典型契約】
法律によって名称・内容が規定されている契約。民法上は贈与・売買・交換・消費貸借・使用貸借・賃貸借・雇傭・請負・委任・寄託・組合・終身定期金・和解の13種で、ほかに特別法により規定されるものがある。有名契約。 ⇔ 非典型契約

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

典型契約
てんけいけいやく
有名契約ともいう。民法典は、取引上、経済生活上、頻繁に行われると考えられる契約を第3編(債権)第2章(契約)第2節以下に規定した。これを典型契約という。具体的には、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用、請負(うけおい)、委任、寄託、組合、終身定期金、和解の13種類であるが、終身定期金などは、日本ではあまり行われていない。これらの典型契約の規定は、契約当事者が、これらの契約を結びながら、その内容を定めなかったとか、あるいは定めても、その意味が明確でなかった場合に適用されることになる。なお、右にあたらない契約を不(非)典型契約または無名契約といい、とくに典型契約の要素を含むものを混合契約という。[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんけい‐けいやく【典型契約】
〘名〙 一般に行なわれる契約の典型的なものとして、法律が特にその形態を規定している契約。民法は、贈与・売買・交換・消費貸借・使用貸借・賃貸借・雇傭(こよう)・請負・委任・寄託・組合・終身定期金・和解の一三種を典型契約として規定するが、商法上の運送・保険・交互計算など特別法によって規定されるものもある。有名契約。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

典型契約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

典型契約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation