@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

典薬寮【てんやくりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

典薬寮
てんやくりょう
天武天皇5 (676) 年に設置された外薬寮が大宝1 (701) 年,『大宝令』により組織を整えたもの。宮内省に属する役所。官人の医療を担当し,医生から薬園生にいたるまでの医療関係者の養成,医薬品の管理を司り,医師,医博士,按摩博士らの職員を管轄した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんやく‐りょう〔‐レウ〕【典薬寮】
律令制で、宮内省に属し、宮中の医薬・薬園などに関することをつかさどった役所。くすりのつかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんやくりょう【典薬寮】
〈くすりのつかさ〉とも読む。律令制下における中央の最高衛生行政機関。中国の唐制の大医署,尚薬局に相当する。大宝令制定前から宮中内の医事を担当する内薬官と宮中外の外薬寮があり,令制では前者が中務省所管の内薬司,後者典薬寮となって宮内省に属した。平安期には内薬司を併合した。庁舎は平安宮では談天門の北,左馬寮の東にあり,医薬,診療,医学教育,宮中諸司への配合薬の分配を行い,諸国より送られてきた年料の薬種を収納し,薬園,茶園,枸杞(くこ)園,乳牛院,御井などが付属した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くすりのつかさ【典薬寮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

典薬寮
てんやくりょう

令(りょう)制官司(かんし)の一つ。宮内省の被管。和名で「くすりのつかさ」と読み、唐名は大医署(たいいしょ)、尚薬局(しょうやくきょく)にあてる。薬剤、治療、薬園のことをつかさどる。職員には頭(かみ)、助(すけ)、允(じょう)、大属(だいさかん)、少属各1人のほか、医師、医博士(いはかせ)、医生(いしょう)、針師、針博士、針生、案摩(あんま)師、案摩博士、案摩生、呪禁(じゅごん)師、呪禁博士、呪禁生、薬園(やくおん)師、薬園生、使部(つかいべ)、直丁(じきちょう)があり、薬戸(やくこ)と乳戸(にゅうこ)が付属する。後世、典薬頭、助、医博士は和気(わけ)、丹波(たんば)両氏の世襲となった。

[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんやく‐りょう ‥レウ【典薬寮】
〘名〙 令制で医薬のことをつかさどる官司。宮内省に属する。頭一人、助一人、允一人、大少属各一人などから構成された。典薬の寮。くすりのつかさ。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

典薬寮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

典薬寮の関連情報

関連キーワード

ドヌスダゴベルト2世アデオダツス2世合有社債新羅(しらぎ)餃子の王将タイの大洪水組織的犯罪処罰法改正案カイロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation