@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内之浦【うちのうら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内之浦
うちのうら
鹿児島県南東部,肝付町南東部を占める旧町域。大隅半島東部に位置し,内之浦湾に面する。 1932年町制。 2005年高山町と合体して肝付町となった。古くは肝付氏の統治下にあったが,天正2 (1574) 年以後島津氏領地となった。内之浦湾を中心に行なわれるブリアジサバなどの漁業が主産業。西部肝属山地では林業が行なわれるほかタバコ,ポンカン,サヤエンドウを栽培。 1963年東京大学の鹿児島宇宙空間観測所 (→内之浦宇宙空間観測所 ) のロケット発射場が長坪台地に開設されてから,内之浦の名は一躍内外に有名となり,観光地化も進んだ。内之浦湾先端の火崎ソテツヘゴなどの自生地で,それぞれ国の特別天然記念物,天然記念物に指定されている。南西端の南大隅町,錦江町にまたがる稲尾岳は山全体が国の天然記念物に指定され自然環境保全地域となっている。火崎から南部の海岸線のほとんどは大隅南部県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内之浦
うちのうら

鹿児島県南東部、肝属郡(きもつきぐん)にあった旧町名(内之浦町(ちょう))。現在は肝付(きもつき)町の南部を占める。旧内之浦町は1932年(昭和7)町制施行。2005年(平成17)高山(こうやま)町と合併し肝付町となった。旧町域は大隅半島(おおすみはんとう)の東端に位置し、太平洋に面し暖かく、ソテツやビロウなどの亜熱帯樹が自生する。大部分は肝属山地。中世、有力豪族の肝属氏領。戦国時代末期、島津氏領となり、近世には麓(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。広瀬川河口は帆船の寄港地としてにぎわったが、明治に入り交通体系の変化で衰微した。1962年、東京大学宇宙空間観測所(現、宇宙航空研究開発機構内之浦宇宙空間観測所)が設置され、ロケット打上げ基地として有名になった。農業と漁業との兼業者が多く、農業ではサヤエンドウの生産が著しく伸び、基幹作物となっている。漁業はイワシ、アジなどの沿岸漁業が中心である。

[平岡昭利]

『小大塚平男編『内之浦町史』(1966・内之浦町教育委員会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内之浦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内之浦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation