@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内呼吸【ないこきゅう】

世界大百科事典 第2版

ないこきゅう【内呼吸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内呼吸
ないこきゅう
cellular respiration
生物が酸素を使って養分を分解し,生命活動に必要な化学エネルギーを発生させる仕組み。細胞呼吸組織呼吸とも呼ばれる。不要になった二酸化炭素と水は排出される。酸素呼吸をしない生物は,発酵により養分を分解する。養分を分解する目的の一つは,結合エネルギーアデノシン三リン酸 ATPに変換することにある。ATPはエネルギーの源として知られ,養分を分解して得た化学エネルギーを放出して,ほかの細胞プロセスを促進する。真核細胞の場合,呼吸とエネルギー保存を媒介する酵素は,ミトコンドリアと呼ばれる高次に組織化された棒状の細胞器官に含まれる。微生物の場合は,細胞膜に酵素が埋め込まれている。内呼吸の代謝過程は,解糖系,TCA回路(クエン酸回路),水素伝達系(電子伝達系)の 3段階に分けられる。(→呼吸

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐こきゅう ‥コキフ【内呼吸】
〘名〙 組織中で動脈血から酸素をとり入れ、代謝産物としての炭酸ガスを静脈中に放出する作用をいう。⇔外呼吸。〔人体の機能(1952)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐こきゅう〔‐コキフ〕【内呼吸】
細胞呼吸」に同じ。⇔外呼吸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

内呼吸
 →細胞呼吸

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内呼吸
ないこきゅう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内呼吸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内呼吸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation