@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内大臣【ないだいじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内大臣
ないだいじん
(1) 令外官の一つ。内府ともいう。天智8 (669) 年藤原を賜わった中臣鎌足が任じられたのが最初で,左右大臣の下に位し,権限,待遇は左右大臣に準じた。その後いったん中絶し,奈良時代末期に復活,明治にいたったが,任命されない時期もあった。 (2) 1885年内閣制度発足に際し,宮中,府中の区別を厳にするために設けられた宮内の一つ。内大臣と同義である内府は内大臣府の略称としても用いられる。内大臣は御璽国璽を保管し,詔勅,その他宮中の諸文書に関する事務を管掌し,天皇側近に常に侍して輔弼の任にあたった。元来,内大臣は宮内大臣や他の国務大臣のように皇室事務や一般国務について輔弼の責に任じるものではないが,宮内大臣が欠けていたり,内閣が総辞職して新内閣の発足するまでの期間のように輔弼の責にあるものが欠けている場合は天皇に奉仕し,意見を述べ補佐する任にあった。したがって,変に際しては後継内閣の首班について天皇の下問に奉答するのが内大臣の職務のはずであったが,実際には内大臣の責任において奉答せず,元老に下問されるように奉答するのが常であった。しかし元老西園寺公望の晩年には後継内閣の首班奏薦について内大臣の意見が重要視され,太平洋戦争に突入してからは,政治的にきわめて重要な役割を果した。 1945年 11月廃官。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐だいじん【内大臣】
令外(りょうげ)の官の一。藤原鎌足が死に臨んで任ぜられたのに始まり、初めは称号であったが、のち、左右大臣を補佐し、その出仕しないときに政務を執った。うちのおおまえつぎみ。うちのおとど。
明治18年(1885)の内閣制度の発足とともに宮中に設置された官職。天皇を常時補佐して詔勅など宮中内部の文書に関する事務をつかさどった。昭和20年(1945)廃止。内府。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うち‐の‐おとど【内大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないだいじん【内大臣】
(1)太政官の官職名で,左・右大臣に次ぐ大臣の称。の制度には規定のない令外官(りようげのかん)で,〈うちのおおいまうちぎみ〉〈うちのおとど〉などとも称し唐名を内府(ないふ),内丞相(ないじようしよう),内相府(ないしようふ)と呼び,三公の一つとされた。669年(天智8)内臣(ないしん)藤原鎌足が任じられたのが初見である。当時の職掌地位未詳であるが,輔政の職務であったと思われる。鎌足の死後中絶し,光仁天皇の777年(宝亀8)に内臣藤原良継が,また779年内臣(忠臣)藤原魚名が内大臣に任じられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うちのおとど【内大臣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

内大臣
ないだいじん

令外官(りょうげのかん)(令に規定された以外の官)の一つ。また別に明治以後天皇側近の重臣として設けられた官職。大化改新後、藤原鎌足(かまたり)が内臣(うちつおみ)に任ぜられて国家の枢機に参画し、死に臨み内大臣の称を賜り、奈良時代にも数人が内臣から内大臣に任命されたが、900年(昌泰3)醍醐(だいご)天皇の外祖父藤原高藤(たかふじ)が内臣を経ずに内大臣に任ぜられてからは、単に左右大臣に次ぐ大臣の地位となった。唐名は内府(ないふ)。明治維新後いったん廃絶したが、1885年(明治18)内閣制度の発足にあたり、改めて宮中に置かれ、御璽(ぎょじ)・国璽(こくじ)を尚蔵し、常侍輔弼(ほひつ)に任ずべき官職とされた。ただし内実は、太政(だじょう)官制の廃止に伴い、太政大臣三条実美(さねとみ)を優遇するため設けられたもので、実質的な職権はなかったが、のちには桂(かつら)太郎、木戸幸一など天皇側近の重臣として政治上にも影響力をもつようになった。敗戦により廃止。

[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち‐の‐おとど【内大臣】
〘名〙 令外(りょうげ)の官。左右大臣の下にあり、太政官の政務をつかさどった。ないだいじん。うちのおおいとの。うちのおおとの。うちのおおみ。うちのおおいもうちきみ。
※枕(10C終)三一九「宮の御まへに、内のおとどの奉り給へりけるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐だいじん【内大臣】
〘名〙
① 中臣鎌足が、薨去直前に藤原の姓と共に与えられた称号。以後、宝亀八年(七七七)には藤原良継の内臣を、また同一〇年には藤原魚名の忠臣を改めて内大臣とした。待遇上の、または、名誉の称号。
※続日本紀‐宝亀八年(777)正月丙辰「以内臣従二位藤原朝臣良継内大臣
② 左右大臣を補佐する大臣。令外官。天祿三年(九七二)藤原兼通が任じられたのが最初。大臣には定員があるので、員外の大臣として置かれた。名称は①を踏襲したものか。永祚元年(九八九)藤原道隆が任じられてから常置となる。数の外(ほか)の大臣。うちのおとど。うちのおおおみ。うちのおおみ。内府。内相府。
※源氏(1001‐14頃)澪標「源氏大納言内大臣になり給ひぬ」
③ 明治一八年(一八八五)に宮中に置かれ、昭和二〇年(一九四五)一一月までの間、天皇に常侍して補佐をした官職。御璽(ぎょじ)、国璽を尚蔵し、詔書・勅書その他の文書に関する事務をつかさどった親任官。内府。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うち‐の‐おおおみ ‥おほおみ【内大臣】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

内大臣
ないだいじん
古代,令外官 (りようげのかん) の一つ
②1885(明治18)年,宮中に設けられた天皇の補佐官
669年中臣鎌足が危篤の時に任じられたのが初見。10世紀末より常置となった。左右大臣を助けて政務・儀式を執行した。
天皇の側近にあって常時輔弼 (ほひつ) の任務をもった。政治に不関与であったが,昭和時代に入ると,元老に代わって内閣首班の決定に参与し,大きな政治的発言力をもった。1945年廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内大臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内大臣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation