@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内村鑑三【うちむら かんぞう】

美術人名辞典

内村鑑三
キリスト教指導者。東京生。札幌農学校・アーモスト大・ハートファード神学校卒。足尾銅山鉱毒事件に関してはその実態世間に訴え、日露戦争においては幸徳秋水・堺利彦らと非戦論主張聖書にのみ基づく、〈無教会主義〉を唱え、その伝道・学問的研究・述活動を精力的に行った。昭和5年(1930)歿、70才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

うちむら‐かんぞう〔‐カンザウ〕【内村鑑三】
[1861~1930]無教会派キリスト教伝道者・評論家。江戸の生まれ。一高教授のとき、教育勅語に対する敬礼を拒否して免職となる。日露戦争に際し、非戦論を唱えた。雑誌「聖書之研究創刊。著「は如何にして基督(キリスト)信徒となりし乎(か)」「基督信徒の」「求安録」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

内村鑑三 うちむら-かんぞう
1861-1930 明治-昭和時代前期の宗教家,思想家。
万延2年2月13日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士内村宜之(よしゆき)の長男。明治10年札幌農学校に2期生としてはいり,在学中洗礼をうける。17年渡米してアマースト大に入学,総長シーリーの影響をうけ,回心を体験。帰国後23年第一高等中学につとめたが,翌年不敬事件で辞職。「万朝報(よろずちょうほう)」記者となる。33年「聖書之研究」を創刊。聖書研究会をひらき,無教会主義をとなえた。足尾銅山鉱毒反対運動にかかわり,日露戦争に際しては非戦論を主張。昭和5年3月28日死去。70歳。著作に「余は如何(いか)にして基督(キリスト)信徒となりし乎(か)」「代表的日本人」など。
【格言など】人間の力なきことと真理の無限無窮なることを知る人は,思想のために他人を迫害せざるなり(「基督信徒の慰め」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うちむらかんぞう【内村鑑三】
1861‐1930(文久1‐昭和5)
日本のキリスト教界を代表する一人。無教会主義の創始者。高崎藩士内村宜之の長男として江戸に生まれ,有馬英学校その他に学んだのち札幌農学校(,北海道大学)2期生となる(1877)。ここでW.S.クラークの感化を受けてキリスト教に入信した。卒業後は水産研究に従事したが,結婚に破れて渡米し,アマースト大学に学んだ。その学業は今日の一般教養程度のものであったが,総長のシーリーJ.H.Seeleyの感化の下に回心を体験したこと(1886)は以後の活動を決定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うちむらかんぞう【内村鑑三】
1861~1930 キリスト教思想家。江戸生まれ。札幌農学校在学時キリスト教に入信。日露戦争開戦にあたっては非戦論を唱えた。雑誌「聖書之研究」を創刊。従来の教会的キリスト教に対し無教会主義を主唱。著「基督キリスト信徒の慰め」「求安録」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内村鑑三
うちむらかんぞう
[生]文久1(1861).3.23. 江戸
[没]1930.3.28. 東京
無教会主義の創始者。高崎藩内村謹之丞宜之の長男。幼い頃から厳格な儒教教育を受けたが,東京外国語学校で英語を学び,札幌農学校の官費生となり,在学中 W.S.クラークの影響を受けて 1878年受洗。卒業後は官吏として水産調査に従事したが志を得ず,結婚の破局も重なって渡米。アマースト大学,ハートフォード神学校に学び帰国。 90年第一高等中学校に奉職。翌年教育勅語奉戴式に勅語に敬礼を躊躇して不敬事件を起して職を追われた。その後大阪,熊本,京都,名古屋などを流浪しながら『基督信徒の慰め』 (1893) を刊行,著述家としての生活に入った。『求安録』 (93) ,『余は如何にして基督信徒となりし乎』 (95) などにその入信の道程が告白されている。理想団に加わり足尾銅山鉱毒事件を攻撃し,日露戦争に際しては信仰の立場から大胆な非戦論を唱えた。 1900年には雑誌『聖書之研究』を創刊し,誌上と集会によって無教会主義のキリスト教を説いた。晩年は社会的活動から身をひき,福音の宣教に力をつくした。『内村鑑三全集』 (20巻) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内村鑑三
うちむらかんぞう
(1861―1930)
明治・大正期のキリスト教の代表的指導者、伝道者。万延(まんえん)2年2月13日高崎藩士の子として江戸に生まれる。1873年(明治6)有馬私学校(ありましがっこう)英学科に入学、翌1874年東京外国語学校に転じた。1877年札幌農学校に第2期生として入学し、W・S・クラークの残した「イエスを信ずる者の契約」に署名。翌1878年6月メソジスト教会宣教師ハリスMerriman Colbert Harris(1846―1921)より受洗。1881年同校を卒業し、開拓使御用掛(ごようがかり)となった。卒業にあたり、同期の新渡戸稲造(にとべいなぞう)らと一生を二つのJ(JesusとJapan)に捧(ささ)げることを誓い合った。1882年上京し、農商務省水産課に勤めたが、1884年11月渡米。エルウィンの知的障害児施設で看護人として働く。1885年9月アマースト大学に入学。総長シーリーJulius Hawley Seelye(1824―1895)の大きな影響を受け、1886年に回心を体験した。1887年同校を卒業し、一時ハートフォード神学校で学んだあと、1888年5月に帰国した。
 帰国するや、まず新潟の北越学館に教頭として赴任したが、宣教師と対立して同年のうちに帰京した。1891年1月、嘱託教員を務める第一高等中学校での教育勅語捧読(ほうどく)式で、いわゆる「不敬事件」を引き起こして辞職。のち、大阪の泰西学館(たいせいがっかん)、熊本の英学校、名古屋英和学校の教師となる。この間、『基督(キリスト)信徒の慰(なぐさめ)』『求安録』(1893)、『地理学考』(1894。のち『地人論』に改題)のほか、英文の『Japan and the Japanese』(1894)、『How I Became a Christian』(1895)など、その代表的著作を刊行した。1897年から『萬朝報(よろずちょうほう)』の英文欄主筆となる。翌1898年『東京独立雑誌』を創刊、キリスト教に基づく痛烈な社会批判、文明批評に筆を振るった。1900年(明治33)9月より雑誌『聖書之研究』を創刊、以後この刊行と聖書講義とがその一生の仕事となる。同年にはふたたび『萬朝報』の客員となり、足尾銅山(あしおどうざん)鉱毒反対運動、理想団による社会改良運動に従った。1903年日露開戦をめぐり非戦論を主張し、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)や堺利彦(さかいとしひこ)らと同社を退社。1918年(大正7)からは中田重治(なかだじゅうじ)(1870―1939)、木村清松(きむらせいまつ)(1874―1958)らとキリスト再臨運動に従った。昭和5年3月28日に没した。
 著書はほかに『後世への最大遺物』(1897)、『羅馬書(ロマしょ)の研究』(1924)など多数ある。無教会主義キリスト教の主張者としてキリスト教界に大きな波動をおこしたのみならず、その預言者的思想は、日本の宗教、教育、思想、文学、社会その他多方面に広く深い影響を及ぼし、その門から藤井武(ふじいたけし)、矢内原忠雄(やないはらただお)(1893―1961)、三谷隆正(みたにたかまさ)ら多数の人材を輩出させた。[鈴木範久]
『『内村鑑三全集』全40巻(1980~1984・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うちむら‐かんぞう【内村鑑三】
評論家。キリスト教無教会主義の創始者。札幌農学校卒。高崎生まれ。雑誌「聖書之研究」を創刊し、講演・著述による伝道を行なって、当時の青年層に大きな感化を与えた。主著に「余は如何にして基督(キリスト)信徒となりし乎(か)」「基督信徒の慰」「求安録」。文久元~昭和五年(一八六一‐一九三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

内村鑑三
うちむらかんぞう
1861〜1930
明治〜昭和初期のキリスト教徒・思想家
高崎藩士の子として江戸に生まれ,札幌農学校卒業後渡米。1891年第一高等中学校講師のとき教育勅語の礼拝を拒否して追放された(内村鑑三不敬事件)。のち『万朝報』の記者として足尾鉱毒事件を批判。日露開戦に際して非戦論を主張し,1903年幸徳秋水らとともに退社。無教会主義を唱え,日本( Japan)とイエス( Jesus)の「二つのJ」に仕えることを念願とした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内村鑑三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内村鑑三の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation