@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内耳【ないじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内耳
ないじ
inner ear
側頭骨の錐体部内に硬い骨胞に包まれて埋まっており,蝸牛前庭半規管の三つの部分からなる。内部は外リンパ腔と内リンパ腔とに分かれ,組成の異なる外リンパおよび内リンパでそれぞれ満たされている。蝸牛管の中には聴覚を司る感覚細胞が並んでいる。前庭は体の位置および直線加速度の感受に,また半規管は主として回転角速度の感受に関与している。外方の中耳腔に面している部分には,蝸牛窓,前庭窓が開いており,後者にはアブミ骨底板が付着している。各感覚細胞に終末を有する第8脳神経 (蝸牛神経と前庭神経よりなる) は,顔面神経とともに内耳道を経て橋角部に向かって走っている。 (→ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐じ【内耳】
耳の最深部の、複雑な骨壁に囲まれた部分。聴覚をつかさどる蝸牛(かぎゅう)と、平衡感覚をつかさどる三半規管前庭(ぜんてい)からなる。迷路

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないじ【内耳 inner ear】
中耳よりさらに内側の骨に埋まった器官で,聴覚と身体のバランス(平衡覚)に関係する感覚装置である。骨に囲まれた複雑な形をした腔に膜の袋が入っており,この一部にある感覚細胞に内耳神経と呼ばれる第8番目の脳神経が来ている。内耳を包んでいる組織をも含めて,この複雑な構造を迷路という。聴覚に関係する部分は蝸牛(かぎゆう)と呼び,名前のように2回転半巻いている全長約30mmの管である。平衡覚にあずかるのは,直進運動を感ずる耳石器(前庭にあり,垂直,水平の二つの方向に位置している)と,回転感を感ずる三つの半規管(三半規管)の二つに分かれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないじ【内耳】
脊椎動物の耳の最奥部。複雑な形の骨に包まれ、内部にほぼ同形の膜様構造物がある。半規管・前庭・渦巻管に分けられ、前二者は平衡感覚を、後者は聴覚を感受する。迷路。 → 骨迷路膜迷路

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内耳
ないじ
聴覚・平衡覚器が収められている部分で、中耳(鼓室がある部分)の奥にあたり、側頭骨の岩様(がんよう)部の内部に位置する。内耳の中には複雑な形態をした膜性迷路という構造がある。その周囲には膜性迷路とまったく同じ形をした岩様部の骨があり、膜性迷路を閉じ込めている。この構造を骨性迷路とよぶ。膜性迷路は結合組織性の薄い膜に包まれた管で、まず中央部に卵形嚢(のう)・球形嚢という2個の嚢があり、両嚢は細い管で連絡している。卵形嚢の後方にはそれぞれ半円を描いてC状に曲がった形で出っ張っている3個の半規管(これを三半規管という)が連絡している。三半規管は前・後・外側にあり、前半規管は垂直、外半規管は水平、後半規管は他の二つの半規管に対して直角の方向を向く。三半規管の根元は共通していて卵形嚢に開いている。三半規管内にはリンパ液(内リンパ)が満たされており、この流れが卵形嚢内の平衡覚器を刺激することによって体の位置や運動を感知することができる。球形嚢の前方には蝸牛(かぎゅう)管があるが、この器官も、やはり同型の骨性迷路の蝸牛の部分に収まっている。蝸牛管は球形嚢に開いており、その内部にはコルチ器(ラセン器)がある。コルチ器は音の刺激の受容器で、内リンパの振動波を受け取っている。膜性迷路と骨性迷路との間の間隙(かんげき)にもリンパ液(外リンパ)が流れている。神経系でみると、平衡覚器には前庭神経の終末が終止し、コルチ器には蝸牛神経の終末が終止する。両神経は骨性迷路内で合して1本になり、内耳神経(第8脳神経、旧名は聴神経)となって延髄の前庭神経核(平衡覚中継核)や蝸牛神経核(聴覚中継核)に連絡する。内耳に障害がおこると、内耳性の難聴やめまい、よろめきなどの原因となる。なお、内耳はほとんどの脊椎(せきつい)動物に存在している。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐じ【内耳】
〘名〙 耳のもっとも奥の部分。側頭骨の錐体(すいたい)の内部で、中耳の内側に接し、平衡感覚をつかさどる三半規管・前庭と聴覚をつかさどる蝸牛(かぎゅう)からなる。迷路。
※心中(1911)〈森鴎外〉「ミュンステルベルヒのやうに内耳(ナイジ)の迷路で方角を聞き定めるなどと云ふ無理な議論を出るのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内耳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内耳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation