@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内臓下垂症【ないぞうかすいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう
visceroptosis
腹部の諸内臓が下垂した状態を内臓下垂という。原因は,無力体質のほかに,妊娠,出産,急激なやせ,外傷,腹壁筋肉の欠損などがあげられる。をはじめ,肝臓,腎臓脾臓,腸など,腹部内臓のすべて,または大部分が下垂する。女性に多い。内臓下垂に不定愁訴や胃腸症状が加わった場合には,内臓下垂症と呼ぶ。患者は一般に神経質で,集中力減退,疲れやすいなどのほかに,頭痛めまい不眠抑うつ,記憶力減退などの精神症状,腹部膨満感,胃部鈍痛,吐き気嘔吐,食欲不振,やせ,便通不整,慢性消化不良などの胃腸症状を訴える。しかし,これらは内臓下垂による直接的な障害ではなく,心身症として取扱われるようになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内臓下垂症
ないぞうかすいしょう

内臓器官を固定している靭帯(じんたい)や結合織の弛緩(しかん)のために内臓が下垂した状態をいう。長身で、やせた人、いわゆる無力性体質の人に多くみられる。X線検査では胃が骨盤腔(くう)に下垂し、胃部膨満感、食欲不振、心窩(しんか)部(上腹部)痛などの胃下垂症状を呈することが多い。また、腸管の蠕動(ぜんどう)低下による慢性便秘や遊走腎(じん)による症状を呈することもある。さらに動悸(どうき)、頭痛、めまいなどの低血圧症状や神経症的な症状を伴うことも多い。しかし、内臓が下垂していても、なんら症状を示さない例も多く、疾患というよりも体質的な要素が大きいと考えられる。症状のある場合は、対症的な薬物療法に加え、食事療法、精神療法などを行う。なお、脂肪組織の増加は下垂を軽減させ、効果的である。

[竹内 正・白鳥敬子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臓下垂症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内臓下垂症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation