@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内臓破裂【ないぞうはれつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内臓破裂
ないぞうはれつ
rupture of the viscera
転落,転倒,衝突などによる強力な鈍的作用で,内腔をもった臓器 (胃,腸,膀胱) や実質性臓器 (肝臓脾臓腎臓) が破裂する状態をいう。最近は交通事故によるものが増加している。腹腔内出血と腹膜炎を併発してショック状態に陥り,血圧低下,脈拍頻数,意識消失などがみられる。さらに,腹痛嘔吐が起ってくる。四肢や頭部にも損傷がある場合,見落されて重篤になりやすい。X線検査腹腔穿刺,尿検査などで発見につとめ,ショックの治療後,緊急開腹手術による破裂臓器の修復または摘除を行い,強力な抗生物質を投与する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臓破裂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内臓破裂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation