@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内藤鳴雪【ないとう めいせつ】

美術人名辞典

内藤鳴雪
俳人。東京生。名は素行は南塘・老梅居等。文部省参事官を経ての常盤会宿舎の監督となり、舎生の正岡子規の影響で、句作を始める。豊かな学識と古典的格調を持つ俳人として知られる。大正15年(1926)歿、80才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ないとう‐めいせつ【内藤鳴雪】
[1847~1926]俳人。江戸の生まれ。本名、素行。別号、老梅居。正岡子規の影響で俳句を始める。平明温雅な作風で、日本派長老と仰がれた。鳴雪句集」「鳴雪俳話」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

内藤鳴雪 ないとう-めいせつ
1847-1926 明治-大正時代の俳人。
弘化(こうか)4年4月15日生まれ。伊予(いよ)松山藩士の子。文部省参事官をへて旧藩主設立の常盤会(ときわかい)寄宿舎監督。舎生の正岡子規にまなび,子規没後も日本派の長老として活躍した。大正15年2月20日死去。80歳。江戸出身。本名は素行。別号に南塘,老梅居。句集に「鳴雪句集」,著作に「鳴雪自叙伝」など。
【格言など】ただ頼む湯婆(たんぽ)一つの寒さ哉(最期の吟詠)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ないとうめいせつ【内藤鳴雪】
1847~1926 俳人。江戸松山藩邸で生まれる。名は素行なりゆき。四六歳のとき、子規に師事し、日本派の長老として当時を代表した。著「鳴雪俳話」「鳴雪句集」「鳴雪自叙伝」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内藤鳴雪
ないとうめいせつ
[生]弘化4(1847).4.15. 江戸
[没]1926.2.20. 東京
俳人。本名,素行。松山藩士の家に生れ,京都遊学後に上京,昌平黌に学ぶ。松山藩常盤会寄宿舎監督のとき,20歳年下の舎生正岡子規の感化により句作を始め,鳴雪と号した。和漢の学にすぐれ,古典的な描写句を得意とした『日本』派の長老で,『鳴雪句集』 (1909) ,『鳴雪俳句集』 (26) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内藤鳴雪
ないとうめいせつ
(1847―1926)
俳人。伊予松山藩士の子として江戸に生まれる。本名素行(もとゆき)。「なりゆき」ともいい、鳴雪の号はこれにちなむ。愛媛県官、文部省参事官を経て、松山藩の常盤(ときわ)会寄宿舎舎監となり、舎生正岡子規(しき)の感化を受けて句作を始め、和漢の学に通じた学殖と飄逸恬淡(ひょういつてんたん)の人柄と相まって、日本派の後見、俳壇の長老と仰がれた。『鳴雪俳句集』(1926)、『鳴雪自叙伝』(1922)など、著書も多い。[村山古郷]
 初冬の竹緑なり詩仙堂
『愛媛大学叢書刊行会編『俳人 内藤鳴雪』復刻版(1976・青葉図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ないとう‐めいせつ【内藤鳴雪】
俳人。江戸に生まれる。本名素行。松山藩校明教館・昌平黌で漢学を学ぶ。明治に入り文部省に勤務。藩の常盤会寄宿舎の舎監となり正岡子規を知り句作、日本派の長老と仰がれた。句集に「鳴雪句集」「鳴雪俳句鈔」など。弘化四~大正一五年(一八四七‐一九二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内藤鳴雪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内藤鳴雪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation