@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内視鏡【ないしきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内視鏡
ないしきょう
endoscope
体外から体腔内に挿入して,体腔内面や臓器表面を観察したり写真撮影するための器械。金属管でできた硬性内視鏡と,自由に屈曲できる光ファイバでできた可撓性のファイバスコープに大別できる。口から挿入する喉頭鏡,気管支鏡食道鏡胃鏡カメラ,十二指腸鏡肛門から挿入する直腸鏡,尿道から挿入する尿道鏡,膀胱鏡腹壁や胸壁に小切開を加えて挿入する腹腔鏡,胸腔鏡,縦隔鏡などがある。そのほか最近は,開胸や開腹手術を行わず,内視鏡を用いて行う治療が急速に進歩している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ないし‐きょう〔‐キヤウ〕【内視鏡】
体内の腔所を観察するための光学系を組み込んだ医療器具。気管支鏡・胃鏡・腹腔鏡・膀胱(ぼうこう)鏡・直腸鏡などがあり、現在はファイバースコープが広く用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないしきょう【内視鏡】
体のなかにある空間,すなわち内腔を観察するための道具をいう。内部を見る器具を意味するエンドスコープendoscope(endoは内部,scopeは望遠鏡などものを見るための道具)の訳語。対象とする内腔が胃であるか膀胱であるかなどによって,胃鏡あるいは膀胱鏡などと呼ばれ,内視鏡はそれらの総称である。日本でこの用語が広く用いられるようになったのは,1961年に日本内視鏡学会が設立された以降のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないしきょう【内視鏡】
内臓や体腔の内部を観察する器械の総称。気管支鏡・胃鏡・腹腔鏡・大腸鏡など検査や手術を行う部位に応じた種類がある。 → ファイバースコープ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内視鏡
ないしきょう
endoscope
管腔(かんくう)臓器または体腔内を直視下で診断および治療することを目的とした機器の総称。広義には耳鏡、腟(ちつ)鏡、肛門(こうもん)鏡なども含まれるが、狭義には光学系を内蔵するものをさす。これには硬性鏡と軟性鏡がある。硬性鏡は金属製パイプにレンズ・プリズムの光学系を内蔵したもので、膀胱(ぼうこう)鏡、直腸鏡、腹腔鏡、関節鏡などがある。軟性鏡には胃カメラとファイバースコープが含められる。内視鏡の検査適応領域は広いが、ここでは消化器領域を中心に述べる。
 内視鏡の歴史は古く、19世紀初めに喉頭(こうとう)鏡、食道鏡、その後に胃鏡が作製されているが、これらはすべて金属製パイプを目的部位に挿入して観察するもので、制約が多くて日の目をみずに終わった。20世紀に入り軟性胃鏡が開発されたが、数多くのレンズ系を通して結像するので、柔軟性や光量など機器の性能に制約が多く、撮影した写真も暗くて診断能が低劣であった。1950年(昭和25)日本で胃カメラが作製され、臨床上広く普及したが、実際に目で見て撮影することができないものであった。しかし、その撮影した写真による診断価値は優れ、今日でも捨てがたいものがある。ついで登場したのが、ガラス繊維の透光性と柔軟性を利用したファイバースコープである。これは革命的な内視鏡で、その後内視鏡診断学上に画期的位置を占めるに至った。現在では食道から直腸まですべての消化管、胆道、膵管(すいかん)まで適応範囲が広がっている。そのほか、気管支鏡、腹腔鏡、膀胱鏡、縦隔鏡、関節鏡などがあり、それぞれの領域で評価されている。これら内視鏡はほとんどすべて生検が可能で、肉眼診断と同時に直視下採取組織診断が加えられる。
 消化管の内視鏡学は日本で著しく進歩し、今日の消化管の癌(がん)における早期診断体制の中軸をなしている。本来、内視鏡は目で見ることを目的とするが、最近では機能検査に応用されて疾患の病態解明、さらに治療面への進出も著しい。内視鏡を用いての治療は、異物の摘出をはじめ、食道静脈瘤(りゅう)の硬化療法、上部消化管出血に対する早期止血、消化管ポリープの切断法、術後狭窄(きょうさく)の高周波利用による切開法、最近ではレーザー光線を用いて止血や癌の治療などが精力的に行われている。また胆道癌や膵癌などの手術不能例に対して、十二指腸乳頭括約筋を高周波切開し、総胆管や膵管へのドレナージを行い胆汁を排出させる閉塞(へいそく)性黄疸(おうだん)の内視鏡的内瘻(ないろう)形成術も行われている。同様の手技で胆管結石の非手術的排出もよく行われる。内視鏡にファイバー導光が導入されて以降、柔軟性がよくなって、従来の機器のような苦痛を患者に強いることがなく、検査が容易に行われるようになり、胃癌の集団検診に際し、食道癌の早期診断を含めて内視鏡検査を第一次選択として用いるべきであるとする考え方も強調されている。[大柴三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ないし‐きょう ‥キャウ【内視鏡】
〘名〙 からだの内部の腔所を観察する医療器具。直接に見る直達鏡と、プリズムの反射を利用した側視鏡とがある。胃カメラ、肛門鏡、気管支鏡などがあり、ファイバースコープが広く使われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内視鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内視鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation