@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内覧【ないらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内覧
ないらん
関白,または特に宣旨を受けた大臣大納言が,太政官から天皇に奏上する公文書を,奏上の前に内見政務を代行すること,またはそれを行う者をいう。平安時代中期から始った。円融天皇のときの藤原兼通,一条天皇のときの藤原道長などがこの例で,彼らはその後,摂政となった。摂政,関白は内覧を行うのが恒例であったが,近衛天皇のとき,関白忠通の弟左大臣頼長が,関白のに代って内覧を行なった例を初めとして,摂政,関白がいるにもかかわらず,他の者が内覧の宣旨を受けたこともあった。また前関白が内覧を行なった例も南北朝時代以後みられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐らん【内覧】
[名](スル)
内々で見ること。「重要書類を内覧する」
内見2」に同じ。
平安時代以降、太政官から天皇に奏上する文書を、摂政関白または宣旨を受けた大臣が前もって読んで処置すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないらん【内覧】
太政官から天皇に奏上する文書,または天皇の裁下する文書を内見すること,またその職を与えられた者をいう。平安時代前期,宇多天皇譲位に当たり,大納言藤原時平・権大納言菅原道真に対し,新帝醍醐天皇を補佐し,万機の政を行すべき詔命を下したのが内覧の起源という。その後,平安時代中期に,権中納言藤原兼通が摂政を辞任した藤原伊尹に代わって公務勤行を命ぜられ,また権大納言藤原道長が兼通の例に倣って太政官より奏上の文書の内覧を命ぜられるなど,摂政関白の不在のとき,大臣あるいは大納言等に奏下いっさいの文書の内覧を命じる例が多くなり,内覧が摂政関白に準ずる一種の職名となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

内覧
ないらん

内々に見ること。内見(ないけん)。太政(だいじょう)官のなかの諸事、天皇に奏上すべき文書をまず内見して政務を処理すること、またその人をいう。平安時代、摂政(せっしょう)・関白は内覧の資格をもっていたが、摂関にならなくとも内覧の宣旨を受けた公卿(くぎょう)はこれを行った。醍醐(だいご)天皇のとき、左大臣藤原時平(ときひら)、右大臣菅原道真(すがわらのみちざね)が内覧であったのをはじめとして、藤原兼通(かねみち)、ついで藤原伊周(これちか)は父関白道隆(みちたか)が病の間、内覧宣旨を受け、藤原道長は一条(いちじょう)・三条(さんじょう)両天皇の時期に内覧であった。内覧より摂政・関白になることが多かったが(道長は関白にならず)、摂関とは別に内覧を置く場合もあり、関白忠通(ただみち)のとき内覧となった左大臣頼長(よりなが)の例などがあげられる。江戸時代末期まで存続した。

[山中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐らん【内覧】
〘名〙
① 内々に見ること。非公式に見ること。内見。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 摂政・関白または特に宣旨を受けた大臣が、天皇に奏上すべき文書を、まず内見して政務を処理したこと。また、その人。
※西宮記(史籍集覧所収)(969頃)一八「令覧関白之後、上卿進御所
③ ②の権限を持つ人に請奏の文書を提出して点検を受け、上奏を許可してもらうこと。
※小右記‐治安元年(1021)一二月一六日「次以権弁経頼内覧

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

内覧
ないらん
太政官からの公文書を天皇に奏上する前に内見すること。のち職名となった
関白に準じる地位。醍醐 (だいご) 天皇の897年,左大臣藤原時平,右大臣菅原道真 (みちざね) に政務をとらせたのがはじまり。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内覧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内覧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation