@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内部被曝【ないぶひばく】

知恵蔵

内部被曝
体内に取り込んだ放射性物質から放射線が出て被曝すること。放射性物質を含む大気や粉じんを呼吸によって吸い込んだり、そうした粉じんが鼻やのどの粘膜に付いたりすることで起こるほか、野菜や肉・魚などに付いたり含まれているものを飲食することでも起こる。
体内に取り込まれた放射性物質の一部は尿で排出されるが、排出されなかったものは、体の組織に沈着・停留して放射線を出し続ける。身体は飛距離の短いアルファ線やベータ線の影響を継続的に受け続けることになる点が、外部被曝と異なる。体内に留まった放射性物質は、周囲の組織のデオキシリボ核酸(DNA)を損傷してがんなどを発症するリスクを高める。
核爆弾の爆発や原子力発電所の事故で飛散する放射性物質には、ヨウ素セシウムプルトニウムストロンチウム等がある。身体のどのような組織に沈着しやすいかは、放射性物質によって異なる。例えばヨウ素は甲状腺に集まりやすく、甲状腺の働きが活発な乳幼児や若年者は特に、放射性ヨウ素によって甲状腺障害を生じるリスクが高い。また、ストロンチウムはカルシウムと置換して骨に沈着しやすいこと、セシウムは生殖腺に、プルトニウムは肺などに停留しやすいことが知られている。
体内に取り込まれた場合にも、各放射性物質の物理的な半減期は変わらないが、代謝によって尿などの形で排出される量を見込んで、体内の量が半減するまでの期間を生物学的半減期という。ヨウ素131の物理的半減期は8日だが、いったん体内に取り込まれると生物学的半減期はおよそ120日となる。また、プルトニウムの物理的半減期は2万4000年だが、生物学的半減期は約50年とされている。
内部被曝を予防するためには、被曝の可能性のある場所では防塵(ぼうじん)と放射線防護の装備をすることが基本である。ヨウ素については、被曝が予想される際にあらかじめ安定ヨウ素剤を服用しておくのが有効。
内部被曝量は、ホールボディーカウンターという特殊な装置で測定した全身の放射線量から推計する。福島第一原子力発電所での事故においては、事故直後の作業に当たった2人が、6月初旬の時点で内部被曝量200ミリシーベルト以上と評価された。厚生労働省は、体内のプルトニウムなどを吸着して尿として排出させる点滴薬の承認作業を急いでおり、2011年7月には認可が下りる見通し。
(石川れい子  ライター / 2011年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

内部被曝
放射性物質を含む空気や水、食品を吸ったり飲食したりして起きる。体内に取り込まれた放射性物質は放射線を出し続け、尿などで自然に出ていくまで取り出せない。被曝線量を測るには、体内から出る放射線を計測するホールボディーカウンターという専用の機器を使う。体内に放射性物質が入ると、ヨウ素は甲状腺に集まりやすく、ストロンチウムは骨に集まりやすい。体外から放射線を受ける、外部被曝と区別される。
(2011-06-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ないぶ‐ひばく【内部被×曝】
体内に取り込まれた放射性物質による被曝。汚染された飲食物経口摂取したり、放射性の粉塵を肺に吸い込んだりするほか、傷口から血液中に取り込まれることなどが考えられる。放射線の到達距離が短いα線β線が人体に悪影響をもたらす。一方、人体表面からの被曝を外部被曝という。体内被曝体内照射。内照射。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないぶひばく【内部被曝】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内部被曝
ないぶひばく
体内に取り込まれた放射性物質による被曝。体内被曝ともいう。被曝には、身体の外部にある放射線源による外部被曝と内部被曝がある。放射性物質が身体内部に取り込まれる経路としては、放射性物質が含まれる大気や空中の粉塵(ふんじん)の吸入、汚染された食物の経口摂取、または経皮的な吸収、さらに創傷により血中に流入する場合もある。取り込まれた放射性物質は、排尿によって排出されるものも一部あるが、その種類によっては特定の体内組織や臓器に付着したまま高い線量を持続的に放出し続けるものもある。ストロンチウムは歯を含めた骨に、ヨウ素は甲状腺(せん)に集積しやすい。またセシウムは筋肉や生殖腺に、プルトニウムは肺に、コバルトは肝臓などにとどまりやすい。これらの放射性物質が体内に集積されると発癌(がん)の危険性が高くなる。
 放射性物質は天然放射性物質と人工放射性物質の2種類があり、α(アルファ)線、β(ベータ)線、γ(ガンマ)線などを放出するので、人体の放射線防護のためにその取り扱いには法的規制がある。また放射線量が放射性崩壊などによって半分に減衰するまでの時間を物理的半減期といい、体内に取り込まれた放射性物質が生物学的代謝によって体外に排出され放射線量が半減するまでの期間を生物学的半減期とよぶ。この両方を考慮して、実際に体内の放射性物質の量が半減するまでの期間が実効半減期(有効半減期)である。
 内部被曝量は、体内の放射線量を体外から測定できるホールボディーカウンターのデータをもとに算出する。2011年(平成23)に発生した東京電力福島第一原子力発電所での事故においては、業務に携わった多くの作業員から高濃度の放射線量が検出された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内部被曝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内部被曝の関連情報

他サービスで検索

「内部被曝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation