@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内野【うちの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内野
うちの
福岡県中部,飯塚市南西部の旧村域。 1889年村制施行。 1955年上穂波村,大分村の一部と合体して筑穂町となり,2006年飯塚市,穂波町,庄内町,頴田町と合体して飯塚市となる。冷水峠北麓にあり,長崎街道沿いに発達した旧宿場町。筑前六宿の一つ。 JR筑豊本線,国道 200号線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐や【内野】
野球で、一塁・二塁・三塁・本塁を結ぶ直線で囲まれた四角形の区域。インフィールド。ダイヤモンド。⇔外野
内野手」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うちの【内野】
京都市上京区南西部の旧地名。平安京大内裏のあった所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うちの【内野】
京都市上京区の南西部一帯の旧地名。平安京大内裏のあった地域であるが、たびたび火災に遭い、律令国家の衰退に伴って荒廃。のち、この一角に豊臣秀吉が聚楽第を建てた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないや【内野】
野球で、一塁・二塁・三塁・本塁を結ぶ線がつくる四角形の区域の内側。インフィールド。ダイヤモンド。 ⇔ 外野
「内野手」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内野
うちの
新潟市西部の一地区。旧内野町。JR越後線(えちごせん)が通じ、国道116号と402号が並走する。第二次世界大戦前は蒲原(かんばら)砂丘裏の旧鎧潟(よろいがた)干拓の排水河川として掘り割られた新川に沿う地方の買い物町としてにぎわっていた。その後、砂丘上の五十嵐(いからし)地区が新潟大学の学園地区に指定され、1980年(昭和55)医・歯学部を除く7学部が移転した。新川の河口には大排水場があり、鎧潟の干拓を成功させた。その河口は漁港になっている。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

内野
(山梨県南都留郡忍野村)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うちの【内野】
京都市上京区南西部の旧地名。平安京大内裏(だいだいり)の跡で、豊臣秀吉の聚楽第(じゅらくだい)があった。内野の原。うちぬ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うちの【内野】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐や【内野】
〘名〙
① 野球で、本塁・一塁・二塁・三塁・本塁を結ぶ一辺九〇フィート(約二七・五メートル)四方の場所をいう。ダイヤモンド。
※野球部史(1895)〈中馬庚〉第一期の有様「溜池球場なり内野は悉く芝生なりし」
※野球(1897)〈中馬庚〉守勢「暫時もベースの守備を空ふせす互ひに相補翼するは内野全体の大に勉むへき所なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内野の関連情報

関連キーワード

単元株制度恵帝[前漢]岡山天体物理観測所民事再生法フッ素(データノート)ストロムロ山天文台ムリコール酸生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation