@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

内閣法【ないかくほう】

世界大百科事典 第2版

ないかくほう【内閣法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

内閣法
ないかくほう
内閣の組織や運営について定めた法律。昭和22年法律第5号。憲法第5章の内閣に関する規定を補充し、実質的意味での憲法となっている。内閣は内閣総理大臣が首長となり、そのほか14人以内(特別に必要のある場合は17人以内)の国務大臣で組織する。これによると、各大臣は主任の大臣として行政事務を分担管理するが、行政事務を分担管理しない無任所大臣もありうる。内閣が職権を行うのは閣議による。それは内閣総理大臣が主宰する。内閣総理大臣は、内閣を代表して、内閣提出の法律案、予算その他の議案を国会に提出し、一般国務および外交関係について国会に報告する。内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基づいて行政各部を指揮監督するし、行政各部の処分または命令を中止せしめ、内閣の処置を待つことができる。内閣には官房を置き、その長たる内閣官房長官は国務大臣である。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内閣法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内閣法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation