@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

円山派【マルヤマハ】

デジタル大辞泉

まるやま‐は【円山派】
日本画の一派円山応挙として写実的様式を展開、日本画の近代化に貢献した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まるやまは【円山派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

まるやま‐は【円山派】
〘名〙 絵画の一派。江戸中期、京都の円山応挙が客観的写生主義を唱えて始め、幕末・明治まで続いて、大きな影響力をもった。弟子に、長沢蘆雪・駒井源琦らがいる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

円山派
まるやまは
江戸中期以後の写生風日本画の流派
円山応挙が開いた流派で,長沢蘆雪 (ろせつ) ・山口素絢 (そけん) らを輩出し,京都の画壇で大きな勢力をもった。平明でわかりやすい画風であったが,しだいに技巧的となり形式化した。明治期に入り,洋画の画風をとり入れ発展を続けた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

円山派
まるやまは

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円山派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円山派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation