@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

円鱗類【えんりんるい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

円鱗類
えんりんるい
[学]Cyclosquamata
硬骨魚綱Osteichthyes、条鰭(じょうき)亜綱Actinopterygii、新鰭区Neopterygii、真骨亜区Teleostei、正真骨下区Euteleostei、円鱗上目に属する魚類の総称。ヒメ目Aulopiformesのみを含む。著しく特化した鰓弓(さいきゅう)を支える骨格を備える一群で、うきぶくろがない。エソ科、ヒメ科、アオメエソ科、ミズウオ科などのほか、筒型の目をもったボウエンギョ科とデメニギス科、目がないチョウチンハダカと腹びれと尾びれが著しく長く伸長したサンキャクウオを含むチョウチンハダカ科など特異な深海魚からなる上目で、15科236種が知られている。多くの科は底生種であるが、なかには外洋から漸深層へ向かう科もみられる。多くのヒメ目魚類は雄と雌の生殖巣が同時に成熟する同時的雌雄同体である。[尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円鱗類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円鱗類の関連情報

関連キーワード

棘鰭類(きょっきるい)硬骨魚類真骨類条鰭類腕鰭類狭鰭類原棘鰭類骨鰾類新鰭類正真骨類

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation