@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冒頓単于【ぼくとつぜんう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冒頓単于
ぼくとつぜんう
Mao-dun Chan-yu; Mo-tu Ch`an-yü
[生]?
[没]前174
匈奴第2代の単于 (在位前 209~174) 。頭曼単于を殺して即位。東の東胡,西の月氏,北の丁零などを討ち,高祖を平城に破り (前 200) ,漢室の女をめとり,歳貢を出させる和議を結び,中国に対する優勢を確立した。東トルキスタンオアシスの諸都市を属領化してそこから徴税し,匈奴帝国を強大化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼくとつ‐ぜんう【冒頓単于】
[?~前174]中国、前漢のころの匈奴(きょうど)王。在位、前209~前174。父を殺して単于(君主)となり、東胡月氏を破ってモンゴル高原統一高祖を包囲して講和を約束させるなど、遊牧国家匈奴の全盛期を開いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼくとつぜんう【冒頓単于 Mò dú Chán yú】
?‐前174
匈奴帝国の事実上の形成者。匈奴攣鞮(虚連題)氏の長,頭曼の子。冒頓の原音はモンゴル語のBoghdo(神聖なる)あるいはBaghadur(勇士)などの諸説がある。すでに父の時代,匈奴諸部族は攣鞮氏を中心に部族連合国家へと始動していたが,前209年冒頓は自分を廃そうとした父を殺して単于となり,東は興安嶺の東胡,西は甘粛祁連(きれん)山の月氏を討ち,南のオルドス,北のトルコ系の住地を制圧してモンゴリアを統一した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼくとつぜんう【冒頓単于】
?~前174 匈奴きようどの第二代君主(在位 前209~前174)。東胡・月氏を破り、全モンゴルを統一。漢の高祖劉邦と講和、公主を妃とし歳貢を約させた。さらに西域を支配して大帝国を建設。匈奴全盛期を現出。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冒頓単于
ぼくとつぜんう
(?―前174)
匈奴(きょうど)国家の建設者(在位前209~前174)。父の頭曼(とうまん)を殺して単于の位につき、東モンゴリアの東胡(とうこ)、西北モンゴリアからタリム盆地に勢力をもっていた月氏(げっし)を撃破し、北方の丁零(ていれい)、エニセイ川上流域の堅昆(けんこん)(キルギス)などを征服して、アジア史上最初の遊牧国家を建てた。漢の高祖劉邦(りゅうほう)を平城(へいじょう)(山西省大同)付近で包囲したが、妻の言に従って囲みを解き、漢と和親条約を結んだ(前198)。ふたたび月氏を討ち、月氏の本拠をイリ川方面へ移動させ、その支配下にあった烏孫(うそん)やタリム盆地のオアシス都市国家を服属させた(前177または前176)。[護 雅夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼくとつ‐ぜんう【冒頓単于】
中国前漢の頃の匈奴王(在位前二〇九‐前一七四)。父の頭曼を殺して単于となる。東胡・月氏を破り、漢の高祖を白登山に包囲したため、漢は和親策をとった。前一七四年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

冒頓単于
ぼくとつぜんう
?〜前174
匈奴 (きようど) の単于(王)
前209年,父の頭曼 (とうまん) を殺して単于になり,東胡を討ち,月氏を追って全モンゴリアを統一した。続いて長城以南に侵入し,漢の高祖劉邦 (りゆうほう) を平城(現在の大同 (タートン) )に囲み,屈辱的な和を誓わせた。続いて西域諸国を服属させ,強大な遊牧国家を築いて東西交易を独占した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冒頓単于」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冒頓単于の関連情報

関連キーワード

争点証拠整理手続わいせつ罪テルピネン公然わいせつ罪前田健太タウンミーティング佐賀市の中心市街地強化地域

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation