@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

写生【しゃせい】

知恵蔵

写生
対象をありのままに写す方法。明治以降、スケッチデッサン訳語として一般化していたものを、正岡子規が短歌俳句に導入した。子規自ら「写生といひ写実といふは実際有のままに写すに相違なけれども固より多少の取捨選択を要す」(「叙事文」、1900年)と述べているように、写生はもとより、虚構の要素を抜きにして成り立つものではなく、子規は、写生という用語でもって、リアリズム文学の方法を指し示していたことになる。その後、写生説については、子規から雑誌「ホトトギス」(1897〜)編集を受け継いだ高浜虚子河東碧梧桐など子規の後継者の間で、客観か主観か、現実か理想か、自然中心か人間中心なのか、という論争が繰り広げられていく。他方、伊藤左千夫、島木赤彦、斎藤茂吉など、短歌雑誌「アララギ」(1908〜97)に結集したアララギ派は、写生を単なる方法としてのリアリズムに解消せずに、象徴的な力学に注目する方向でそれを再解釈、深化させようとした。短歌と俳句の現代は、「アララギ」や「ホトトギス」的伝統から離れて自由口語短歌へ向かう、あるいは定型季語の枠から脱せんとする動きとして展開されていく。
(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しゃ‐せい【写生】
[名](スル)景色や事物のありさまを見たままに写し取ること。絵のほかに、短歌・俳句・文章についてもいう。スケッチ。「梅の花を写生する」「写生旅行」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃせい【写生 xiě shēng】
東洋絵画における用語として対象をそのままに写しとることをいい,細密な描写の花鳥画について多くいわれる。写生は画家の主観表現を意味する〈写意〉に対する言葉ではあるが,対象の〈生命〉を写すことは,画家自身の生気と無関係ではなく,単なる客観的な写実主義とは一線を画し,作品そのものも西欧の静物画とはかなり異質な性格をもつ。【戸田 禎佑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃせい【写生】
スル
実際の景色や物をありのままに写しとること。スケッチ。絵画から出て、短歌・俳句・文章についてもいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

写生
しゃせい
自然や事物を実際に見たままに描くこと。中国絵画では唐末ごろから、先人の作品を写し描く伝統的な「臨画」の方法に対して、実物を観察描写する写実的傾向が強まったが、「写生」はこの「臨画」に対することばとして使われた。また宋(そう)代からは、動植物など生きたものを直接描写する意味に使用されるようになった。わが国では江戸時代に、オランダ絵画の流入に伴い、円山応挙(まるやまおうきょ)らが写生を重んじた。明治時代になると、このことばはスケッチやデッサンの西洋絵画用語の訳語にあてられた。大正期には、学童を手本の模写から解放して直接自然に親しませようという自由画教育が山本鼎(かなえ)らによって提唱されたが、その普及に伴い、学校の図画教育でも実物を前に置き、あるいは屋外に出て風景などを見たままに描く「写生」が盛んに取り入れられた。
 日本での写生の意味は中国の原義とはやや異なるが、その精神はいずれも、直接自然の対象を観察することによって、形式にとらわれずにその物のありのままの姿、ひいてはその内奥にある本質に迫ろうとするものである。それは西洋絵画における写実主義や自然主義の精神と相通じるものを多分にもっているが、両者を直接結び付けて論じることは適当ではない。[八重樫春樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐せい【写生】
〘名〙 実際の景色、事物などを見たままに絵に写し取ること。また、客観的な描写を主とする態度で、短歌、俳句、文章についてもいう。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・胆大小心録(1808)六七「心底に写生をこころへて、術は牧渓などが筆法で、骨があった」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一八「写生の筆を休(や)めて眺めた」 〔書言故事‐画者類〕
[語誌](1)東洋画論における「写生」の手法は、近世初期には日本に取り入れられているが、一般に気韻や写意を旨とした。
(2)明治初期の洋画は、フォンタネージによって「写生」を重視したが、なお「生命を写す」意で用いられた。
(3)生来絵画への愛好の念が深かった正岡子規は、下村為山や中村不折・浅井忠等の洋画家から示唆を受け、その文芸における「写生」概念の確立にも得るところが大きかった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

写生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

写生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation