@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冠位十二階【かんいじゅうにかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冠位十二階
かんいじゅうにかい
日本で最初の位階制度。の色によって階級を表わした。推古 11 (603) 年聖徳太子制定の6徳目を,それぞれ大小の2つに分けて 12階とし,これに,赤,,白,黒の色をあて,その濃淡によって大小を区別した。その呼び方は『翰苑』によれば,徳をマヒトキミといっているように,中国風の音読みではなかったように思われる。施行範囲は,蘇我氏などの大豪族には及ばず,令制による四位以下相当のものに対して行われたという。大化3 (647) 年,13階の冠位が制定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんい‐じゅうにかい〔クワンヰジフニカイ〕【冠位十二階】
推古天皇11年(603)、聖徳太子が制定した冠位制。徳・仁・礼・信・義・智を大小に分けて12階とし、それぞれを紫・青・赤・黄・白・黒の濃淡で表した冠で区別した。たびたび改定され、律令制では位階制に移行した。十二階

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんいじゅうにかい【冠位十二階】
603年(推古11)に制定された日本最初の冠位制度で,律令位階制度の源流をなすもの。従来,豪族たちは大和朝廷において氏ごとに一定の職務を世襲し,その政治的特権表象として特定の冠を襲用してきたが,これは,それとは別に個人を対象とし,昇進の原則をもつ新しい冠位制度であった。制定者は推古朝の皇太子聖徳太子と考えてよいが,時の大臣蘇我馬子の関与も十分考えられる。冠名は徳を初めに置き,以下に仁・礼・信・義・智の五常の徳目をとり,おのおのを大・小に分けて12階とし,各階に相当の色を定めたが,その具体的な内容は不明。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんいじゅうにかい【冠位十二階】
603年、聖徳太子が制定した冠による位階制。徳・仁・礼・信・義・智をそれぞれ大小に分けて十二階とし、冠を6種の色(紫・青・赤・黄・白・黒)で、大小はその濃淡で区分けして、位階を示した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冠位十二階
かんいじゅうにかい
603年(推古天皇11)に設けられた冠の種類によって朝廷内の序列を示す最初の制度。『日本書紀』によれば、徳・仁・礼・信・義・智(ち)をそれぞれ大小に分けて十二階とし(『隋書(ずいしょ)』倭国伝(わこくでん)では、徳・仁・義・礼・智・信の順になっている)、冠には紫・青・赤・黄・白・黒の色を配し、大小はその色の濃淡で区別した。通説では、小仁が、後の令(りょう)制の五位にあたるとしている。冠位の制は、百済(くだら)の官位制を中心として高句麗(こうくり)の制を参照してつくられたとする見解が有力で、厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)の独創とする旧説は誤りである。冠の授与者をめぐっても、近年の蘇我(そが)氏ならびに7世紀の政治過程の研究の発展からみると、「聖徳太子の事業」とするにはさらに検討が必要となっている。643年(皇極天皇2)蘇我蝦夷(えみし)がその子の蘇我入鹿(いるか)に紫冠を授けたとする記事は、その点で示唆的である。冠の被授者は、皇親・大臣が除外されていたと考えられており、授与された者は畿内(きない)および周辺の者に限られていることが判明している。しかし、限定された範囲にのみ施行されたものとはいえ、この制度は、647年(大化3)冠位十三階の制定まで続いていたと考えられており、また、朝廷内の新しい秩序をつくった点で画期的なものであった。[荒木敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんい‐じゅうにかい クヮンヰジフニカイ【冠位十二階】
〘名〙 推古天皇一一年(六〇三)、聖徳太子(厩戸皇子)が制定した、冠(かんむり)の種類によって朝廷での席次を示す制度。徳、仁、礼、信、義、智にそれぞれ大小の別を設け、それを、紫、青、赤、黄、白、黒の濃淡であらわして、十二階とした。大化改新後たびたび改定され、令制では位階制に移った。十二階。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

冠位十二階
かんいじゅうにかい
推古天皇の603年,聖徳太子により制定された最初の位階制度
徳・仁・礼・信・義・智の6種をそれぞれ大小に分けて12階とし,それぞれに対応する冠の色で識別した。豪族の世襲的地位とは別に,個人の功績と能力に応じて与え,人材登用の道を開いた。施行範囲は畿内にとどまり,蘇我大臣 (おおおみ) のような有力な氏の中にはこれをうけていない者もあり,王権強化をはかる太子の意図は十分には生かされなかった。のち数回の改正を経て律令の位階制へと発展した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠位十二階」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冠位十二階の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation