@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冠婚葬祭【カンコンソウサイ】

デジタル大辞泉

かん‐こん‐そう‐さい〔クワン‐サウ‐〕【冠婚葬祭】
日本古来の四大礼式、元服婚礼葬式祖先祭礼のこと。また、一般に、慶弔儀式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

冠婚葬祭
本来「冠婚葬祭」は、元服・婚礼・葬儀・祖先の祭祀の四つの儀式をいった。しかし現在は、「」は人生の通過儀礼、「祭」は年中行事的な祭事の意味に使われている。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

かんこんそうさい【冠婚葬祭】
元服・婚礼・葬儀・祖先の祭祀のこと。古来最も重要とされてきた四つの大きな儀式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冠婚葬祭
かんこんそうさい
冠は加冠の意で成年式を表し、子供の成長に伴う諸儀礼をいう。婚は婚礼、葬は葬式、祭は葬式に続く先祖供養の祭りをいう。このような個人の生涯における重要な節々に行われる一連の儀礼は、民俗学上の用語では通過儀礼、通過儀式、生涯儀礼などとよぶ。冠婚葬祭ということばは発言しやすいため盛んに使われているが、実際に使われる意味は、冠と婚と葬祭だけを個別にさしているとは限らず、これらに代表されるような伝承的な行事一般をいうことが多い。したがって、ある場合には、冠・婚・葬祭の行われるような、日常と違った生活を送る日を総称していい、ハレの日、物日(ものび)、祝儀、不祝儀などの用語に近い使い方をする。またある場合には、これらの機会にしばしば贈答や共同飲食を伴うところから、親類縁者や近隣の人々とのつきあいの機会、義理を果たすべき機会、旧来のしきたりや慣行を迫られる機会、というようにも理解されている。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐こん‐そう‐さい クヮン‥サウ‥【冠婚葬祭】
〘名〙 元服と結婚と葬儀と祖先の祭礼。日本で古来人の世の四大礼式としてきた。
※翁問答(1650)下「人倫の交(まじはり)、冠昏喪祭(クンコンソウサイ)、飲食、軍陳等万事の天理儀則を履(ふみ)をこなふ主宰なれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

冠婚葬祭
元服と結婚と葬儀と祖先のさい。日本で古来人の世の四大礼式としてきた。

[使用例] 冠婚葬祭は、我が国伝統的四大礼であって、これすなわち我が国道徳の根本理念を支える儀式である[野坂昭如*とむらい師たち|1966]

[使用例] 死は、もはや、人々が集う冠婚葬祭の儀式に、たまたま附属するひとつの属性にしか過ぎなくなっていた[柴田翔*鳥の影|1971]

[解説] 日本古来の四大礼式。現在では、婚礼・葬儀・祖先の祭祀が主となっています。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠婚葬祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冠婚葬祭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation