@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冥福【メイフク】

デジタル大辞泉

めい‐ふく【冥福】
死後の幸福。また、死後の幸福を祈って仏事を営むこと。みょうふく。「冥福を祈る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう‐ふく〔ミヤウ‐〕【冥福】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょう‐ふく ミャウ‥【冥福】
〘名〙 =めいふく(冥福)〔運歩色葉(1548)〕
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「此の如くして死すれば、死後必らず冥福(ミャウフク)を得るとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐ふく【冥福】
〘名〙
① 前世からの因縁による幸福。また、人や仏の陰徳によって与えられる幸福。
※続日本紀‐神亀二年(725)九月壬寅「憑此冥福、冀除災異焉」
② 死後の幸福。また、死後の幸福を祈って仏事をいとなむこと。追善。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「修冥福以薦亡者
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「請ふ余の為めに死後の冥福(メイフク)を祈れと」 〔北史‐崔挺伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冥福」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冥福の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation