@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冥途【めいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冥途
めいど
死後に迷い行くといわれる暗黒の世界。冥土とも書く。中国の冥府信仰に由来するものといわれ,仏教の世界観と融合して,地獄餓鬼畜生の三道があるとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいど【冥途】
〈冥土〉とも書く。仏教用語で,死者が赴く迷いの世界,あるいはそこへたどりつく道程を意味する。生前,この世において仏道修行を怠ったものは,死後,再び迷いの世界に落ちて輪廻(りんね)する。この迷いの世界は地獄,餓鬼,畜生の三悪道で,そこは暗く,苦しい世界なので幽冥の処,すなわち冥途と呼んだ。死後の迷いの世界を幽冥とするのは仏教本来のものではなく,道教冥府(めいふ)の信仰との習合によるものである。閻羅王(または閻魔王閻魔)をはじめとする十王や多くの冥官(冥府の役人)によって亡者は罪を裁かれ,それ相応の苦しみに処せられると信じられるようになったのは,おそらく中国の唐末期,9世紀後半からであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

冥途
めいど
内田百(うちだひゃっけん)の短編小説集。1922年(大正11)稲門堂書店刊。表題作品『冥途』(1917)を含めた18編を収録。すべての作品が夢のスタイルで書かれていて、夏目漱石(そうせき)の『夢十夜』の影響がみられる。「心の中の神秘」を「恐ろしき心で書く」というモチーフで貫かれていて、夢魔的な作品が多い。肉親との交感(『冥途』『道連(みちづれ)』)、獣(けもの)への変身の恐怖(『件(くだん)』)、女性存在の謎(なぞ)および女性への罪意識(『花火』『蜥蜴(とかげ)』)などがある。表題作『冥途』は、幽明を異にする亡父との出会いを、日本人的感覚で哀切に描いた作品である。[酒井英行]
『『冥途・旅順入城式』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くらき【冥】 途(みち)
(「冥途(めいど)」を訓読みした語) 死後の世界で、地獄、餓鬼などの世界。
※観智院本三宝絵(984)序「荒き使に追れ暗き道に向時には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めいど【冥途】[書名]
内田百閒による短編小説。大正10年(1921)発表

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冥途」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冥途の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation