@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【メイ】

デジタル大辞泉

めい【冥】[漢字項目]
常用漢字] [音]メイ(漢) ミョウ(ミャウ)(呉) [訓]くらい
〈メイ〉
暗くて見えない。「冥暗冥冥晦冥(かいめい)昏冥(こんめい)幽冥
道理に暗い。「頑冥
奥深い。心の奥底。「冥想
あの世。「冥界冥土冥福
〈ミョウ〉人知を超えた神仏の働き。「冥加冥護冥利

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょう ミャウ【冥】
〘名〙 仏語。
① 闇黒。くらやみ。無知をいう。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「冥より冥(ミャウ)(〈注〉クラキ)にいりて、ながくほとけのみなをきかず」
② 暗くて目に見えないこと。人間には見聞できないこと。人知の及ばない霊威のはたらき。
※高野山文書‐建久元年(1190)一一月日・金剛峯寺根本大塔供僧解状案「冥者為両部諸尊怨敵也。〈略〉顕者成法皇御願濫妨也」
③ 人の目には見えないところで人間世界を見ている神仏。
※平家(13C前)二「御経の師、御戒の師、重科におこなはれん事、冥の照覧はかりがたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation