@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冬胞子【ふゆほうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冬胞子
ふゆほうし
teliospore
担子菌類の銹菌 (さびきん) やクロボキン (黒穂菌) にみられる胞子の一型。細胞壁が厚くて越冬に適している。宿主植物の葉の表面または内部にとどまっていて,細胞は2核をもつが,癒合して1核となり,これが前菌糸体となって,担子細胞を生じる。冬胞子は細胞壁が濃い色を呈していることも多く,クロボキンの場合は黒色で,特に焦胞子 teleutosporeと呼ばれることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

冬胞子
ふゆほうし
原生担子菌類の栄養胞子。赤褐色か無色で、表面は平滑、または刺(とげ)をもつ。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冬胞子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冬胞子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation