@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冷却材【れいきゃくざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冷却材
れいきゃくざい
coolant
熱を発生する機械装置冷却して加熱を防ぐとともに,熱を他の場所や装置に輸送して利用したり捨てたりするために用いる液体あるいは気体。冷却材には熱伝達特性と流動特性に優れ,化学的に安定で加熱によって分解したり他の材料を腐蝕したりしない物質が適しており,用途により水,油,液体金属,空気,炭酸ガスフロンヘリウムなどが使われる。特に原子炉炉心を冷やす物質をさすこともある。原子炉の炉心冷却の目的は核分裂連鎖反応によって放出されたエネルギーが熱となるため,炉心の温度が極度に高くなって原子炉が破損するのを防ぎ炉心の熱を外部へ取り出すためであるが,これが同時に原子エネルギー動力源として利用する手段にもなる。冷却材は炉心と熱交換器またはタービンの間で循環しており,したがって材料としては中性子吸収が少なく,放射線下で安定で,熱交換の効率のよい物質が必要である。水 (軽水 ) ,重水,空気 (炭酸ガス) ,ヘリウム,液体金属などが使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れいきゃく‐ざい【冷却材】
原子炉内で発生する熱を炉外に取り出し、炉心を冷却するために用いる物質。軽水炉では水、ガス炉では炭酸ガスヘリウム高速増殖炉では金属ナトリウムなどを使用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいきゃくざい【冷却材 coolant】
広義には冷却のために用いる材料を総称していうが,一般に冷却材といった場合,原子炉の炉心のおもな構成要素の一つで,炉心にある燃料から熱を受け取り,炉心の外にあるタービン,熱交換器など熱を利用する個所に熱を運び出す役割をもつものをいう。気体または液体の状態で使用される。おもな実例は,軽水炉での軽水,重水炉での重水,ガス冷却炉での炭酸ガス,高温ガス炉でのヘリウム,液体金属冷却高速増殖炉でのナトリウムである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

れいきゃく‐ざい【冷却材】
〘名〙 原子炉内で、核分裂反応によって生じた熱をとり出し、熱交換器に運ぶ物質。重水、軽水、二酸化炭素、ヘリウムや液状の金属ナトリウムなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

冷却材
レイキャクザイ
coolant

原子炉を構成している材料の一つで,炉心やブランケットで発生した熱を原子炉外に取り出すために用いられる物質のこと.取り出した熱エネルギーを利用して発電すると同時に原子炉内の熱による損傷を防ぐ.冷却材に求められる性質は,熱容量が大きいこと,熱伝達率が大きいこと,熱中性子吸収断面積が小さいこと,粘度が低いこと,放射線や熱に安定なこと,腐食性が弱いこと,誘導放射能(核反応により二次的に発生する放射能)が低いこと,安価なことなどである.冷却材として,気体では,二酸化炭素,ヘリウム,空気,窒素,液体では,軽水,重水,有機物(ポリフェニル),液体金属では,水銀,ナトリウム,ナトリウム-カリウム合金,ビスマス,鉛-ビスマス合金などが用いられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷却材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冷却材の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation