@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冷熱発電【れいねつはつでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冷熱発電
れいねつはつでん
cryogenic power generation
LNG (液化天然ガス) の持つ-160℃という極低温エネルギーを利用する発電方式LNG冷熱発電ともいう。 LNGはそのままでは利用できず,気化してガスにしなければならない。このとき周囲から多量の熱を奪うことを利用する。冷熱発電には,低沸点の媒体海水で温めて蒸発させタービン発電機を駆動した後,LNGで冷却して再び液体に戻す方法,LNGを海水で温めて気化し,それが膨張する際のエネルギーでタービン発電機を駆動する方法,両者を組み合わせた方法がある。これにより,天然ガスの産出地点で液化のために投入した多量のエネルギーの一部を,消費地点において電力として回収することができる。現在,最も実績の良い方式は,ランキンサイクル方式の中の,高圧天然ガス直接膨張方式と2次媒体方式を組み合わせた方式である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷熱発電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冷熱発電の関連情報

関連キーワード

LNG産消会議液化天然ガス運搬船ガス事業都市ガスサハリン2液化ガス運搬船カタール国営石油LNG転換仕向地条項冷熱利用

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation