@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

冷麦【ひやむぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

冷麦
ひやむぎ
小麦粉でつくる麺類一種うどんとほぼ同じ工程で,製麺機の切り出し刃の番数の多いものを用いて細くつくる。暑い時期に食べることが多く,ゆでてからよく水で洗って冷やし,を浮かせ,つけにつけて食べる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひや‐むぎ【冷(や)麦】
細打ちにしたうどんを冷水や氷で冷やし、つゆをつけて食べるもの。 夏》「―や嵐のわたる膳の上/支考」→素麺(そうめん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の大学ブランド商品

冷麦
加工食品
専修大学北海道短期大学(北海道美唄市)の大学ブランド。
農場・専大ファーム生産の原料を使用した冷麦。農薬・化学肥料を用いずに栽培されている。原料は、小麦「春よ恋」。製麺は、フタバ製麺(留萌市)。
)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひや‐むぎ【冷麦】
〘名〙 細打ちにしたうどんを茹(ゆ)でて水で冷やし、汁をつけて食べるもの。夏時の食糧とする。ひやしむぎ。《季・夏》
※新札往来(1367)上「於点心者。〈略〉索麺・冷麦」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷麦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冷麦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation