@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凌濛初【りょうもうしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凌濛初
りょうもうしょ
Ling Meng-chu
[生]?
[没]順治1(1644)
中国,明末の文学者。烏程 (浙江省呉興県) の人。字,玄房,稚成。号,初成,即空観主人。崇禎初年,徐州通判になった。口語文学に才があり,『きゅう髯 (きゅうぜん) 翁』『識英雄紅払莽択配』などの戯曲の作もあるが,口語短編小説集『拍案驚奇』『二刻拍案驚奇』の創作で知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうもうしょ【凌濛初】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

凌濛初
りょうもうしょ
(1580―1644)

中国、明(みん)末の戯曲小説家、批評家。字(あざな)を玄房、号を初成、別号を即空観主人といい、烏程(うてい)(浙江(せっこう)省)の人。その編になる『拍案驚奇(はくあんきょうき)』『二刻拍案驚奇』(二拍)は馮夢龍(ふうぼうりゅう)の「三言」を継ぐ話本集として著名であり、江戸の読本(よみほん)にも影響がみられる。戯曲としては『虬髯翁(きゅうぜんおう)』『北紅払(ほくこうふつ)』などがあるが、『西廂記(せいそうき)』に校注を施し、朱墨套印本(しゅぼくとういんぼん)として刊行したことでも知られる。徐州の判在任中、李自成(りじせい)軍の攻撃を受け、血を吐いて死んだ。

[大塚秀高]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凌濛初」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凌濛初の関連情報

関連キーワード

ウルバヌス崇禎帝山形藩小西マンショ正保崇禎帝インノケンチウス10世シュウカイドウスペイン音楽天王寺(東京都)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation