@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凍土【とうど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凍土
とうど
frozen soil
地面が冷却して,土の中の水分が凍結した土壌結の過程には,土中の水分がそので凍る場合と,下層の水が吸上げられて凍る場合がある。霜柱後者の過程で生じる。凍結深度は,地熱による下方からの暖化と表層からの気温による冷却の平衡によって決定される。凍土の融解は表層と下層から始り,中間層が最後になる。融解せずに残る凍土の層を永久凍土層と呼び,この上層の季節によって凍結したり融解したりする層を活動層という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐ど【凍土】
寒気で凍った土。「永久凍土

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いて‐つち【凍土】
〘名〙 凍りついた地面。いてついた土。《季・冬》
※一路(1924)〈木下利玄〉冬日「旭たかみややにあまねき暖かさみちわる凍土(イテツチ)つぶやきとくる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐ど【凍土】
〘名〙 こおった土。また、その地層。ツンドラに発達した永久凍土層をさすことが多い。
※裸女のいる隊列(1954)〈田村泰次郎〉「地表はどこまでも凍土の波であった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

凍土
とうど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凍土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凍土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation